ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

9:47

一昨日の引け時点で60分足は「13」「17」、15分足は「30」「17」だったしょ。
で、高く寄り付くことが予想されたんですよね。
すると、60分足はフラットボトムを完成させて、15分足は急速に上昇することになりますよね。
相場観がどうであろうと、寄り付きからは
・前日の高値を切り上げており、
・60分足15分足共に上を向いている
という状況になります。

「窓」を空けて寄り付いて窓の方向と逆サイドへ動く場合、早い時間から動く出す必要があるのですね。
昨日の上へのIRブレイクは実質的になかったと考えても、少なくとも寄り付き後早い時間からの動きにはなりませんでした。
すると、このことを根拠として「下への早い動き」というのは否定されたんですよ。

・下へブレイクしてもダラダラとした動きになりそんなに下げないか反転してダラダラと上昇する。
・支持線で下げ止まったときにも急反発はないが、ジワジワとした上昇局面になる。

また、15分足が「いっぱい」から陰転したときに考えなくてはいけないのは、

・この15分足の陰転は「15分→60分」という流れで60分足を陰転させる動きになる。
・この15分足の陰転は60分足ベースの上昇波動の中に含まれる15分足ベースの短い波動の一つであり、60分足が陽転を保ったまま15分足が再陽転する動きになる。

という二つですね。
そして、「フラットボトム完成から陽転したばかり」という60分足の状況を考えると、前者の可能性よりも後者の可能性が高いといえないでしょうか。

これらの価格と、ストキャ・波動の動きを考え合わせると、

「支持線で止まったことを根拠として買うことが出来る」

という結論になりませんか?
であれば、後場寄りの下へのティックブレイクからの反転というのは十分買うことが出来たと思うのですが如何でしょうか。

  1. 2005/08/31(水) 09:47:43|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI