ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

13:58

やっぱり本はいいですよね。
飲み会とは違ったパワーを与えてくれます(笑)

金曜夜に村上龍の新作
「半島を出よ 上巻」
を読んで、
「さあ、いよいよクライマックスに向かって」
と思っていたのですが、土曜午前は上の娘がお世話になった先生の告別式でした。
道中に持参するのにハードカバーはでか過ぎますので、途中でほってあった文庫本の
「終戦のローレライ ?U」
を持参。

先週に、
「ローレライは読みにくい。村上龍の文章がいいよ〜」
って書きましたが、あれは間違いだったようです。
読み辛さって言うのは単に私の練習不足が原因でした。
やはり「読む」なんて事にも
「身体が温まっていないとダメ」
なんてことがあるんですね。
ちょうど「半島を出よ」の上巻がよいウォームアップになったようでして「ローレライ」もとても楽しく読むことができましたよ。
土曜の夜中から「半島を出よ」の下巻に復帰。
夜明け前に読了。
村上龍、久々の長編。原稿用紙400字詰め1650枚に圧倒されました。
内容については触れませんが、私の一番の感想は、
「村上龍も歳を取ったなぁ」
ということでした(笑)
圧倒的な情報量で非常に固い文章は変わっていませんが、文章の先端が昔よりも尖っていなくてやや丸みを帯びているように感じましたね。
でも、よい作品には変わりはないでしょう。
とても面白かったです。

以前、昔の会員さんが突然行方不明になったと思ったら一年半ぶりにメールを送って下さったって言う話しをしましたよね。
南極に環境調査に行っていたという話。
あの方が書籍を送ってくださいました。
その方の師匠というか先生というのか親方といったらいいのでしょうか。
そういう方の処女作だそうです。
もう、頭は冴えまくっていますので夜明け前からはそれを読み始めまして・・・
しかも、その書籍には、

「河内屋さんへ
     
              ○○」

って作者直筆のサインまで入っているんですよ。
仲間の本を宣伝していると思われるのも癪ですのであえて書名・作者名は書きませんが、専門書としては素人の私も楽しく読むことができたよい本だったと思います。

ホント久しぶりに読書三昧の週末を送りました。
なんかイイですね。
元気になりましたよ。
ひょっとしたらこれまで元気がなかったのは、あまりに頭を使わなかったから脳細胞が寝ていたせいかもしれませんね(笑)

@670
  1. 2005/04/04(月) 13:58:07|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI