ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

10:24

今日はナカナカ気持ちの良い朝ですね。
身体は疲れていますが気分は高揚しています。

昨日の日曜は下の娘の体操の大会だったのですが、マットで三位、総合で六位という驚くような成績を上げたのです。
いえ、成績だけを見ているとそんな大したモンでもないですよ。
クラスも凄いクラスじゃないですよ。
でもね、今回は体操を初めてから半年くらいしか経っていないのですよ。
そう考えると「ナカナカ」でしょ。

実は小学校入学前に体操を始めたことがあったのです。
三ヶ月くらいは機嫌よく通っていたのですが・・・
コーチに「選手コース」への進級を進められたのですね。
娘は異様に身体が柔らかいですし、
「お父さんが甲斐性がないみたいに見えるからもっと食べてくれ」
というくらいに細いんです。
ですから、倒立ブリッジや前転倒立なんかも凄くきれいにできていたのですね。
だから、初期の段階から声が掛かったのだろうと思います。

選手コースというのは「体操クラブ」というよりもホントの「器械体操」でして、男子は吊り輪やあん馬、女子は平均台なんかも行うのです。
親としては、
「えっ、選手コース。うちの子ができるんかいな」
と思いつつも、
「えーっと、アテネの次はどこで開催やったかなぁ?」
なんていう的外れなスケベ心もあったりしまして(笑)

その「選手育成コース」には入ったのですが残念なことに続きませんでした。
というのも時間の問題が大きかったのです。
一般の「体操クラブ」が終了してから平均台を出したり高い鉄棒をセットしたりして練習をするのですよ。
ですから、練習開始が七時とかでして九時や九時半まで練習するのですね。
九時半なんていったら子供がお部屋に行って寝る時間じゃないですか!
一ヶ月ほどはその生活を続けたのですが、やはり続かなくて・・・

ひとつ悔いが残るのは、そのときに普通の「体操クラブ」に戻ったらよかったのに体操そのものをやめてしまったことです。
これは私も本人も悔やんでいます。
それで今年の四月くらいに、
「やっぱり体操が好きだから、もう一度体操クラブに入りたい」
という相談を受けまして、もう一度初歩のクラスから入りなおしたのです。

そういう経緯がありましたので好きな体操でメダルがもらえたということを私も娘も大変喜んでいるのです。
私に関しては「喜んでいる」というおとなしいものではなく、
「もう、今日はおじさんなんでも奢っちゃうよ」
っていう感じの朝なのですよ(笑)
  1. 2004/11/01(月) 10:25:11|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI