ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

12:53

センチュリーのシステムについて、もうちょっと詳しく説明して頂戴というメールを頂戴しました。
詳しくといっても、下記のでおわかりかと思いますが・・・

一枚買った時点から690円上昇して200円下落したという動きで証拠金がすべて吹っ飛んで足が出るのですよ。
そして、それをシステムが許しているのですよ。
これがなぜ起こるかといいますと・・・
含み益が証拠金になっているために証拠金の額自体が変動するのですよ。
キャッシュを入れて売買しているときには、含み損益が増減するだけで証拠金は不変ですよね。
証拠金が変動するというのはポジションが非常に不安定になるということなのです。

株式の『二階建て』を考えてみてください。
うまくいくと短期間で資金が五倍十倍になることは珍しくありませんが、逆の目が出るとすべてが吹っ飛びますよね。
それをレバレッジが遥かに大きな先物で許しているということが問題なのです。

私たちは、
「億万長者になるか自殺をするか」
という考えで相場をしているのではありません。
地道に毎日コツコツと「おまんま」を食べるための手段として相場をしているのですよ。
参加者がそれをわかっておれば自ら制御して売買をすることができるでしょうが、素人の方が
「お、うまくいったぞ」
「あれっ!まだ建てれるヤン」
「また建てれるようになったぞ」
なんて玉を増やしていくと・・・
この例で言うと、

「690円上がってからのわずか200円の押し目」

ですべてが吹っ飛んでしまうのですよ。

昨今は個人投資家の先物やオプションへの参入が増えてきていますよね。
証券会社も個人投資家確保に力を入れているようです。
しかし、誘うだけ誘っておいて素人の方が必ず破滅するようなシステムを許しているということが恐ろしいのです。

  1. 2004/11/11(木) 12:54:22|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI