ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:15(その一)

いつものように530円で一回目の利食いを完了させているものの、520円で止まってしまい下がらないですね。
三連休だから玉を持ちたくいないのかな。

考えていた動きと違うので、とりあえず540円で2枚買い戻し。

以前に「分割売買の勧め」として書きましたが、複数枚数で売買するというのはこういう利点があります。
「ん?」
と思ったら一枚二枚と買い戻したり乗せたりと言うことができるのですね。
10枚で売買しようが100枚で売買しようが、一回でドカンと100枚売ってドカンと100枚買戻しをしているとこの利点を活用していないことになります。

私の場合は10枚を一単位としていますが、枚数を細かく分けることによって一枚あたりの価値を下げているのです。
チョット分かりにくいですね、うーん。
先ほど540円で2枚の買戻しをしましたが、この買い戻しが間違いであって引けにかけてガンガン下がっても良いのです。
まだ4枚持っていますので。
分割すると売買が間違いだったとしてもナンとかなるのです。
分割をしていないとすると、この動きでそういう売買をしますか?
510円の安値から590円まで戻して再び下げてきた。
しかし、520円で止まってしまいウロウロしている、という状況です。

550円でもう二枚買い戻し。
残り二枚。

ドカンと売買する場合は
「売りも買いもベストの価格で行わないといけない」
という思いが心理的に大きなプレッシャーになります。
「520円で止まってしまったぞ。買い戻すべきか持続か。」
「買い戻したあとでもっと下がればもったいないし、含み益は失いたくない」
「うーん」
という感じですよね。

分割だったら楽ですよ。
私は二回目までの利食いは機械的に行いますが、そうでなくても楽なことに変わりはありません。
「うーん、止まったのかな」で3枚買い戻し。
「ああ、もうチョット下げるのか」で二枚追加売り。
「やっぱりダメか」で四枚買い戻し。
こうして一回一回の売買が間違いであってもトータルでみると利益になるようにもっていくのが「手法」というものです。
  1. 2003/10/31(金) 15:15:54|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI