ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:05

ストキャに限らず、異なったタイムフレームのテクニカルを使っていると長い指標と短い指標の方向が異なることは良くある。
それがいちいち綱引きになるというものではない。

移動平均線をお考えいただくと分かりやすいと思う。

・下がってきた価格が上昇に転じる。
・まず、短い移動平均線が陽転する。
・遅れて長い移動平均線が上昇に転じる。

これが普通。
短い方が早く反応するがダマシも多いということ。
長いのは反応が遅いがダマシは(短いのに比べると)ダマシが少ない。

どれではこういうのはどうだろうか。

・下がってきた価格が上昇に転じる。
・まず、短い移動平均線が陽転する。
・遅れて長い移動平均線が陽転する。

ここまでは普通どおり。
その後、

・短い移動平均線が下落し始める。
・しかし、長い移動平均線は上昇を続けている。
・短い移動平均線が再度上昇に転じる。

短い移動平均線が下落し始めると通常はそれを追いかけて長い移動平均線が下落に転じることになる。
しかし、長い移動平均線が上昇している間に、短いのが再陽転してしまった。
ということは、短い移動平均線の陽転はダマシであったと考えられる。

価格の動きを文章にすると、
「価格が上昇中に浅い押し目があった。その押し目に反応して短期移動平均線は陰転したが、押し目終了と共に再度陽転した。
その間も長期移動平均線は上昇を続けており、上昇傾向には変化がなかった。」
ということになりますね。

今回、ストキャの綱引きのことを書いたのは、上に書いたようなことが起こっていたから。
15分足のストキャは昨日の12時45分に陽転していた。
それに遅れて60分足のストキャが陽転したのは昨日の二時半。
その後、15分足は本日の9時45分に陰転したが60分足は陽転上昇のまま。
反応が遅い60分足が遅れて陰転すると「普通」。
しかし、今回は60分足が陰転することなく15分足の方が陽転してしまった。
ということにより、15分足の陰転はダマシ、もしくは押し目であったのではないかと考えたのですよ。

文章にするとややこしいですが、実際にはよくある動きです。

・・・・・・・・・・・

もう、今週もおしまいですね。
引けにかけて330円までの下落があるも持ちこたえて360円。
@360
  1. 2003/02/28(金) 15:05:20|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI