ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

10:57

昨日のNHKスペシャルをご覧になられた方も多いと思います。
「素人にもわかりやすい」というのが特徴のNHKスペシャルですから皆さんにはあまり面白くなかったかもしれませんね。
目新しいこともなかったですし。

でも、私から見て皆さんに考えてみていただきたいことがいくつかありました。

(1)利回りが低い。
最高の投資集団と思われているヘッジファンドですが、年利としては10%とか20%とかです。
案外低いですね。
しかも、受け入れた資金に対してその利回りです。
実際にはレバレッジを利かせて資金を何倍にも膨らませていますので「想定投資元本」はもっと大きくなっています。
したがって、想定投資元本に対する利回りはもっと低いものになります。
ヘッジファンドの想定投資元本に対する利回りが年一桁なのに、街の投資家は「二週間で倍」を目指しています。
または「年間で十倍」でしょうか。
おかしいとは思いませんか。

(2)売り乗せ
ブラジルの選挙に絡んで二社のファンドが取り上げられていました。
二社とも完全な相場観による投資でしたね。
「通貨の売り」ポジションを取っていて最終的には損切りとなったほうのファンドの様子を思い出してください。
最初は利が乗ったポジションだったので売り乗せたところ相場が反転して結果的には損切りになってしまった。
こういうことでした。
画面に映っていたチャートが日足だったとすると、相場反転の4日くらい前に売り乗せていたことになります。
「ムチャクチャへたくそやなぁ。わしやったら利食っとくな。」
そうでしょうか。
伸びている含み益をもっと伸ばそうとせずに何をしようと思っているのでしょうか。

売った→下がった→もっと下がると考えている→でもせっかくの利益だから利食い

これは不自然な行動ではないでしょうか。
損を切るのと同様に利を伸ばすことも非常に重要です。
結果的に利益がなくなり損切りとなったようですが、ああいう損切りが9回あったとしてもうまく売り乗せが成功することが1回あるとトータルではプラスになると思います。
3勝7敗で大儲けです。
9勝1敗で損になっている方はもう一度よく考えてみてください。
  1. 2003/01/27(月) 10:58:07|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI