ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

買い下がり・売り上がりに関する考察(その三)

3)損切りがしにくい

350円の時点で
「そろそろ底やろ」
「安すぎるで!!」
と思って買ったのですよね。
じゃあ、330円ではどう考えるでしょうか。
「もっと割安になった!バーゲンセールじゃ〜!!」
と考えますよね。
では、310円では・・・
「天与の買い場じゃ〜!!!」
となるのが普通です。
じゃあ250円は?200円は??100円では???

「割安だ!売られ過ぎだ!!買い場だ!!!」
と考えていながら損切りをするというのは非常に困難です。
ヤラレているポジションをズルズルと持続しがちになってしまいます。

4)「九勝一敗」で退場になる

「損切りがしにくい」ことと関連します。
この手法では価格が不利に動くと、
・ポジションが増加する
・含み損が増大する
・さらに「割安感」が増加する
となってしまいます。
一言でいえば「どうしようもない」という状況です(笑)
「いやいや、どこかで反転上昇するだろう」
「ここで止めたら底値を買えない」
ということで資金いっぱいまでナンピンを続けがちです。
反転上昇することがほとんどだとしても、一度だけでも「下落継続」になると退場になってしまいます。
  1. 2009/10/30(金) 14:50:16|
  2. 相場のセオリー

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI