ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

(58)レベル


こんばんは、河内屋です。

私たちには、

「どうにも手が出ない」

という日もあります。
また、損失になる日もありますよね。
「必ず」月の利益が「200万円以上」という参加者はそんなにいないと思います。

それは「技術」を持っているから成し得ることができるのですよね。
「派遣切り」なんてことが騒がれた時期がありました。
しかし、切られた方はどのような技術を持っていたというのでしょうか。

金型の職人にしても、料理人にしても、プロ野球の選手にしても、芸能人にしても、投資家にしても・・・
技術の低い人から消えていきますよね。
これは当然のことじゃないでしょうか。

料理人として一流であれば、どんなに不況になったとしても、そのお店にはお客が溢れていると思います。
「(打率)三割」を続けることが出来れば、40歳になっても50歳になっても60歳になっても現役選手として稼ぎ続けることが出来るでしょう。
でも、その条件を満たすには「ミシュランに載る料理人」になる必要がありますね。
日本で30人ですか?50人でしたっけ??
「三割バッター」を満たしているのは何人いるでしょう??
他の業界では、そういう「日本一」に近い人しか生き残れないのです。
でも、この業界は違います。
上位5000人くらいに入っていたら「月収200万」は簡単なのですよ。

相場塾で勉強している現在の皆さんが「大学野球レベル」だとしますよね。
では「プロ野球レベル」には負けます。
でも、相場の世界には「高校野球レベル」「中学の野球部レベル」「小学校の野球クラブレベル」「野球未経験レベル」の参加者が星の数ほど居るのですよ(笑)
つまり、マーケットにはダルビッシュもイチローもいますが、草野球レベルの参加者もたくさんいるのですね。
そして、誰もが同じ土俵で戦うのですよ。

私はダルビッシュにもイチローにも負けると思います。
しかし、プロ野球レベルの参加者の数倍の人数がいる草野球レベルの参加者に勝つのは難しくないと考えています。
そして、誰に勝っても入ってくるお金は同じなんですよね。
では、「プロ野球レベル」と「草野球レベル」の差は何かというと「技術」なんですよね。

相場は「博打」ではなく「技術」の勝負なんですよ!

「技術を学び、経験を積む」

ということが「手に職をつける」ということだと思います。

皆さんがイチローである必要はありません。
「絶対音感」も必要ありませんし「天才の舌」もいりません。
それでも生活が出来るのが「相場」の世界なんですよね。

ですから、コツコツと技術を学びましょう!
  1. 2012/01/30(月) 15:08:45|
  2. 相場小話

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI