ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

(44)アイデア

こんばんは、河内屋です。
場中にチャートを見ていると、どんどんトレードアイデアが湧いてきませんか!?

「お~!画期的なアイデアを思いついたぞ!!」

「これこそが今の状況に使うべきシグナルだ~!!」

でも、大概は上手くいきません(笑)
何故かというと、

「ポジションを持ちたいが故に、現在の状況に合致したエントリーシグナルを「トレードアイデア」とこじつけているから」

です。

私たちには二つの時間帯があります。
「場中」と「引け後」ですね。
その各々で「行うべき事柄」が異なっているのですよ。

例えば、野球選手の「二つの時間」は、
「試合中」

「それ以外」
です。
ピッチャーは試合中に、

「新魔球を思いついたぞ!!」

となったとしても、

「すぐに投げてみよう」

とは思いませんよね。

「試合中以外」の時間帯である練習において、何度も何度も新魔球を試し、それを体得してから試合で使うと思います。
それ以前に、シーズン終了までアイデアはアイデアとして残しておき、次の開幕までに練習を重ねて魔球を完成させてから使うのではないでしょうか。

例えば、ラーメン屋さんも、

「画期的な味を思いついたぞ!」

と思っても、

「次の客に出してみよう」

とは考えませんよね。
閉店後や休日に研究に研究を重ねて「新しいラーメン」を完成させてからメニューに載せるのではないでしょうか。

では、野球選手の「試合中」、ラーメン屋さんの「営業中」は、

「現在持っている技術を愚直に実行する時間帯」

と考えられます。

私たちも同じなんですよ。
私たちにとっての二つの時間帯は、

・予習・復習を行ったり、新しいトレードアイデアを検証したりする時間帯

・定められたルールに則って愚直に商いをこなす時間帯(場中)

の二つなんですよね。
そう考えると、場中っていうのは案外ヒマなんですよね(笑)

「AおよびBの条件を両方満たしたときだけエントリーする」

というようなルールに合致したらクリックするだけですし、合致しなければ「見てるだけ~」なんですから。
ヒマだからこそ「画期的なトレードアイデア」を思いついたりして墓穴を掘ってしまうのですが(笑)

ひょっとしたら、それは本当に「画期的なトレードアイデア」かもしれません。
ですからキチンとメモに書き留めておいてください。
でも、そのアイデアを使うのは引け後や週末にキチンと検証を済ませて、それが本当に「画期的なアイデア」であることを確認してからにしましょうね。

皆さんの検討をお祈りいたします。
  1. 2011/10/15(土) 10:59:56|
  2. 相場小話

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI