ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

(29)田沼恋しき


すこぶる美形で胸元の開いたドレスを着ており、手がキレイだから水割りを作る手付きも決まっている!!

「こいつに惚れたかも・・・」

声を掛けてもアフターに付き合ってくれるわけもなく、常連と呼ばれるまで店に通いつめ求めに応じてボトルも入れて・・・
そのうち向こうから、
「同伴に付き合ってください」
なんて声が掛かるようになり、こちらからアフターに誘えばたまに付き合ってくれるようになって・・・
プレゼントも贈りまくって、ついにハワイ旅行に行くことになり!!
帰国したら、怖いお兄ちゃんが出てきて田畑取られた・・・

相場もこんな感じですよね(笑)

授業料を払って払って、ようやく少ないながらも利益が出るようになり、
「ワシもそろそろ一人前かな」
と思ってたら、なんとかショックでドカーンとやられて振り出しに戻る。

「女子供はすっこんでろ!」
どころか大人の男性でも、
「あの人、相場をしてるのよ」
っていうと、
「堅気じゃないから気をつけて!」
って意味があったんですけどねぇ(笑)

・・・

極論を言えば「だから面白い!」ってことなのですが、いつから相場がこんなに面白くなくなったのでしょうか。

FXの世界では「ミセスワタナベ」という存在が大きな影響力を持つようになりました。
昔の商品取引の世界では「マバラ筋」と呼ばれてバカにされていたような存在なんですけどねぇ

225も同じです。
今週の一日の値幅は
月曜が70円
火曜が80円
水曜が70円
木曜が60円
金曜が60円

それも、ふと
「動いてるなぁ」
と思うと上海が上昇しているのに連れ高しているだけとか・・・自主性はないのか!?

・・・

20年前なんていうのは野村・日興・大和・山一の「四社」の「テーマ株」「シナリオ営業」全盛の頃でした。

野村「新日鉄の工場を全部更地にしてマンションを建てたらこれだけ儲かるんですよ!」
客 「ウォー!!新日鉄買いじゃ~~!!」

野村「株高・円高・金利高のトリプルメリットがテーマです」
客 「金利が上がるのは悪材料やん」
野村「いえ、日銀が公定歩合を上げざるを得ないほど景気がいいということなんです」
客 「ウォー!!全部買いじゃ~~!!!」

また「仕手筋」なんていう存在が幅を利かせており、まさに「鉄火場」という雰囲気でしたね。
今から考えるとワケがわからないことをやっていたバブル全盛期でしたが、とても楽しかったです。

「水清ければ魚棲まず」

「白河の清きに魚も住みかねて、もとの濁りの田沼恋しき」

あまりの閑散相場に呆れ果て、昔のイカガワシイ時代を懐かしく思い出している河内屋でした。
  1. 2011/07/02(土) 10:48:35|
  2. 相場小話

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI