ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

(13)オーバーナイト

最近はNYが暴騰したり暴落したりでポジを持っている方はおちおち寝てられませんよね。
皆さんはオーバーナイト玉を持つタイプですか、デイトレオンリーでしょうか。

ポジションに対してオーバーナイトというのはどのような意味を持つのでしょう。
東京マーケットでポジションを持っていて、夜間にはマーケットは閉まっているのですよね。
ナニがあってもそれに対応することは出来ないのですよ。
(まぁ、オーバーナイトのポジションを持っている人はCFDの口座でヘッジをするのでしょうが)

以前に「独り言」でもお話をしました。
「トレーダーにとって最悪の状況は商いが出来ない」
っていうことです。
損切りをしたくても損切り出来ない。
利食いをしたくても利食いも出来ない。
欧州や米国市場を見ていれば翌朝にどのような値で東京に帰ってくるのかは予想できます。
でも、対応できないのですよね。

つまり、(イブニングセッションを含めても)夜中から翌朝の九時まではナニがあっても対応できない時間帯だということです。
言い換えますと、夜間は
「ポジションに対して不確定要素である」
といえます。

・・・

素人が囲碁・将棋でプロに勝つのは不可能です。
その理由は
「不確定要素の入る余地がない」
からです。
では、不確定要素が多く存在する状況であれば下手が上手に勝つ可能性が上昇するでしょうか。
上昇しますね。
例えば、麻雀を考えてください。
競技麻雀のルールにはナゼ裏ドラがないのでしょうか。
裏ドラというのは偶然ですよね。
正に不確定要素です。
私のような素人でも、
「リーチ・タンヤオ・ドラ三発・・・裏ドラが被って六発!倍マン!!!」
ってことも可能なんですよね。
もっと極端なことをいえば、プロの雀士でも私の
「テンホー!!!」
に対応することは出来ないのですよ。

サッカーなどのスポーツにおいても、デコボコのグランド、大雨の中でのゲーム、異常に暑い・寒い状況でのゲームなどの「イレギュラー」は格下チームに有利に働きます。
普通の状況では格上チームに勝つことは出来なくても、デコボコ&大雨なんていう不確定要素の多い状況であれば奇跡が起こるかもしれません。

・・・・・・・

では、なぜ命の次に大切なお金を投じているポジションに「オーバーナイト」という不確定要素が入るのを許しているのでしょうか。
いえ、「許している」のではなくて「進んでオーバーナイトをしている」という人はナニを考えているのでしょう。

「相場のトレンドは長く継続する」
「例えば、現在は東京もNYも上昇相場である」
「では、NYが安く引けるよりも高く引ける確率が高い。また安く引けても100ドル安なのに対して上昇は200ドル高などになることが多い」
「つまり、上昇相場では確率においても値幅においても買いポジションが有利である」
「だからオーバーナイトの買いポジションを持っている」

ということであればOKです。
では、昨年秋以降に一度でもオーバーナイトの売りポジションを持ったことがある人は???

「不確定要素がなければ勝てない」

つまり、
「相場ではなくて博打でないと勝てない」
という自覚があるのでしょう。

私にとって「不確定要素」ほど怖いものはありません。
技術を持っている参加者の共通の認識だと思います。
「デコボコ&大雨」なんていうコンディションでは、そもそも売買をしませんもの。
だって、持っている技術が生かされない状況では負ける要素が大きくなってしまいますから。

オーバーナイトをしている皆さん。
もう一度考えてください。

「オーバーナイトでないと勝てないんですか?」
  1. 2011/02/25(金) 10:26:27|
  2. 相場小話

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI