ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

(2)あいさつ

前回は、
「上昇と下落は同じなのか異なるのか」
ということについてお話をしました。

「突然出てきてダレやねん、このオッサン」
という疑問をお持ちでしょうから自己紹介などを少々・・・

河内屋源兵衛と申します。
15年ちょいでしょうか、この世界で飯を食わしてもらってます。
15年前って皆さんには想像出来ない世界だと思いますよ。
いきなり話が逸れますが昔話を少しだけ。

先物でいいますと「ミニ」なんてものは当然ありません。
また「ネット証券」というのも一般的ではありませんでした。
ネットで先物を扱っているのはセンチュリー証券だけ。
そして、「ラージ」(という言葉もなかったのですが)の手数料が確か
「一枚あたり片道17000円」
なんて感じだったと記憶しています。
建てて解けたら手数料だけで34000円ですね。
40円抜くと6000円が手取りの利益って感じです(笑)
でも、野村證券など大手では各社横並びで往復38000円だったと思いますので、
「センチュリーは安いよなぁ」
なんて言っていたことを思い出します。

さて、そんなこんなで月日が流れ「ネット証券」という言葉も一般的になってきました。
先物の手数料も「片道12000円」なんて感じでガンガン下がり始めました。
そうなると美味しいんですよね。
だって半年前と同じ商いをしていれば一枚あたり「往復10000円」手取りが多いのですよ。
10枚で一日一回商いをしていれば月の収益が200万くらい増えるのです。
どう考えても損するワケありませんよね(笑)
ダレがやっても蔵が建つ時代でした。

そういう時代を過ごして2002年の頭でしたか。
HPを作って「相場教室」を開いたのですよ。
そして先物のデイトレを習得する「先物道場」を始めたのが2003年くらいだったでしょうか。
和助さん、法善寺さんはその「道場」の第一期生、ハピハピさんは第三期生だったと思います。

そして八年ほど続けた相場教室を閉めたのが昨年でした。
それからは晴耕雨読の隠居生活を送っています。
まぁそれでもトレードは面白いしボケ防止になりますのでデイトレも含めてやってますよ。
で、そんな感じでノンビリした生活を送りながらも、ヒマでヒマで仕方ない状況のときに法善寺さんからお呼びが掛かったのです。

「週一回くらいコラムを書いてくださいよ」

「いいよ」

そういう経緯でお話をすることになりました(笑)

難しい話は講師のお三方にお任せします。
私の話は「漫談」「小話」なんて感じで聞き流して下さればありがたいです。

皆さま、今後ともよろしくお願い申し上げます。
  1. 2010/11/26(金) 09:58:54|
  2. 相場小話

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI