ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

移動平均線(2)

皆さんに試してほしいことがあります。
チャートを使っている方は移動平均線を5本引いてみてください。
パラメーターは適当で結構です、15,30,45,60、75、90でいいでしょう。
これだけでいろんなことが見えてくるはずです。
 

見ていただきたい一番のポイントは移動平均線の幅(帯)です。
一目均衡表の「雲」のように拡散と収斂を繰り返しているのがご覧いただけると思います。
「帯」は上昇相場の途中でも拡散だけではなく収斂もありますし、下落相場でも同じです。
上昇相場でも下落相場でも移動平均線はその幅(帯)の拡散と収斂を繰り返しながらトレンドを継続していきます。
また、トレンドの反転の時には「帯」が、まるで「メビウスの帯」のように裏返るのが見て取れると思います。


chart06.gif
   

「波」とか「リズム」という言葉を聴いたことがあると思います。
しかし、それを実感しながら売買をしている人は少ないのではないでしょうか。
 

一番簡単にリズムを見ることができるのが、この移動平均線を複数引き「帯」を見る方法なのです。
この拡散と収斂がまさに「波」であり「リズム」なのです。波がうねりながらトレンドが継続されているのがお分かりになると思います。
そして、価格が「帯」の反対側に出たときがそれまで続いていたトレンドの終焉です。


chart07.gif


そして、利益を得るのに一番簡単なのが、収斂した状態から拡散するところを取りに行くことです。
私が狙うのも収斂から拡散への転換です。

 
-----------------


多くの投資家は下がっている銘柄を買います。完全にトレンドに逆らって、「下がったら買い」、「上がったら売り」としています。

株式市場の場合はそのトレンドは長く続きます。(考えてみればもう下落相場が12年も続いているのですよね。)

そこまで大きく見なくとも、ひとつのトレンドは数ヶ月は続きます。

大きなトレンドに逆らった売買をするとどうなるのかというのを見てみましょう。


chart02.gif
  


こういう事例には事欠きませんので、もうひとつ載せましょうか。

  
chart03.gif


 

「わしはな、お前らみたいなへたくそとは違うんや。あのあさひ銀行を80円で買ったんやぞ。それが今では500円や。どうや、お前らにはでけへんやろ。」
 

そうなれば気分はいいのでしょうが、そううまくいくでしょうか。
私のように130円や、150円になって移動平均線を上回り上昇相場になったことを確かめてから買っても遅くはないのでしょうか。(なれば、の話ですが・・・)
 


今度のオリンピックでマラソンの高橋尚子選手が世界新記録を出し、同時に金メダルを獲得すれば高橋選手にとって最高の喜びでしょう。
高橋選手は小さい大会では世界記録の更新を目指して走り、狙い通り新記録を出しました。
しかし、オリンピックでははじめから世界新記録を目指して走ることはしないと思います。
金メダルを目指して走ると思います。
 

相場でも同じです。
上に書いた、あさひ銀行を80円で買ったお父さんのように友達に自慢をすることが相場の目的ならば世界新記録樹立(最安値での買い、最高値での売り)を目指してください。
しかし、金メダル(相場で利益を得ること)が目的ならばトレンドに従った売買をすることが大切です。
 

買い建ちは上昇相場の途中で。

売り建ちは下落相場の途中で。

 

これを徹底するだけで収支は大きく変わると思います。




・・・満足できる利益・・・

「20%の利益だったら売るけど4%の利益では売らない。」
という人がいる。
「そんな小遣いにもならんような利益はいらん。」
ということなのだろうが、
利益の額や損失の額によって売買を決めるという考え方がわからない。
その人の利益や損失に関係なく参加者一人一人の都合で売ったり買ったりしている結果としてその値段がついているわけだから。
私は1%の利益でも売るときもあれば30%の利益で売らないこともある。

だいたい買値とかいつ買ったかは覚えていない。
また売ってしまったらその後の動きを見ないから
「きぃーー、売ってから上がったぁ。」
ということもない。

ソニーのようにニュースに出たら
「なんか、持っていたような気がする。」
ということで過去の売買を見たりするが他は見ない。
また別の面から考えてみると私が売ってから下がったというのは探せばあるが、売ってから上がったというのは探さなくてもゴロゴロある。
しかし、それは気にしていない。(たまには気にする(笑))

「リグってから30円も上がった、ギョエェーーーー。」
等と言っていれば毎日「ギョエェーーー」と言わなければいけないのでご近所さんが110番する可能性もある。
それは避けたいと考えている。
 


  1. 2002/01/15(火) 20:57:42|
  2. 相場のセオリー

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI