ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

順張りと逆張り(3)

では、「順張り」の手法ではどの点で玉を建てるのでしょう。
図(1-2)
図(1-2)
 

B点もしくはC点(新安値)で売り玉を建てるのが「順張り」の定石です。


ただ、 すべての場合でうまくいくということではありません。
この例でいいますとA点で買った後、ドカンと上昇する場合もあります。
しかし、それは「カンチャンのリーチのみ」の手が、三面待ちに勝って

「リーチ、一発、ツモ、裏ドラ3発、跳ねマーーーン」

になるようなものです。めったにありません。(マージャンの話です。)
 

「えらい下がってきたなぁ、とりあえず買っとこ。わしは逆張り派やからなぁ。」

というようなことをしていませんでしたか。
 

「買ってはみたものの下げ止まれへんなぁ、ナンピンしとこか。なんせわしは逆張り派やからなぁ。」

というようなことをしていませんでしたか。
 

「買っても買っても下がるなぁ。いやいや、人と同じことしててもアカンからなぁ。誰がなんと言おうとわしは逆張り派やからなぁ。」

というようなことをしていませんでしたか。
 

「どないしょ、この株券。ハナもかめんがな。もう金はしゃーないけど嫁はんにだけはバレんようにせんとな。」

といいながら株券を燃やしたことはありませんか。
 

すみません。傷口に塩を塗ってタワシで擦るようなことを書いてしまいました。


 

・・・正しい逆張り・・・

順張りの人は玉を建てるのも順張りで解けるのも順張り。
逆張りの人はどちらも逆張り。
これが最大利益を生む。
しかし、何でもがそうであるように、各々に長所と短所がある。

以前に日記に書いてそのままになっていること
「順張りと逆張りではその勝率はどちらが高いのか?」
「また、利益率はどちらが高いのか?」
という問題がある。

それがそのまま長所と短所になっている。
誤解されている方も多いと思うのだが、「正しい」逆張りは勝率が低い。
ただし、「正しくない」逆張りは勝率は高い。
それでは何が正しくて何が正しくない逆張りなのか。
正しくない逆張りのほうは皆さんが良くやるやり方、
「そろそろ、買っとこか。」
「あかんなぁ、まあもうちょっと持っとこ。」
「上がってきたがな。利食いしとこか。」
というやり方。

これが一番勝率が高い。
一度買ったら、利益になるまで売らないのだから会社が倒産するか自分が死ぬかしなければ損が確定しない。
しかし、九勝一敗でトータル損になる。

「正しくない」逆張りが一番勝率が高いのに対して、「正しい」逆張りは一番勝率が低い。
正しい逆張りとはどんなやり方か。
ある銘柄が下がってきている。
しかし、自分はそろそろ反転して上昇に向かうと考えている。
ここまでは「正しくない逆張り」と同じ。そこからが違う。
820円で買う。
805円で損切り。(-15)
790円で買う。
780円で損切り。(-10)
735円で買う。
720円で損切り。(-15)
700円で買う。
690円が大底となって反発。大幅利食い。
これが正しい逆張りのやり方である。

820円から690円まで下がっているということは、「逆張り」としては失敗である。
しかし、儲かっている。
なぜか。
ポイントは細かい損切りにある。
最初に買った820円から690円まで130円下がっているにもかかわらず、損切りの合計が40円で済んでいるところ。
820円で買ってそのまま690円を見て、その後の反発で利食いをしたのとはまったく中身が違う。
820円で買って690円までボーっと見ている人は追証がかかる人だが、「正しい」逆張りの人は追証には無縁である。
従って、「正しい」逆張りの人は勝率が非常に低い。
だが、追証にはかからないし、知らない間に大底を拾っている。

 
  1. 2002/01/15(火) 11:46:41|
  2. 相場のセオリー

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI