ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

10:55

私は「ストキャ使い」ですが、基本的にテクニカルを信用していません。
陽転や陰転を見て儲かるんだったら苦労はありませんものね。

ただ、ストキャにしてもMACDにしても、陽転中・陰転中を見ることによって、
「買い方・売り方のどちらが攻撃中なのか」
ということがわかるのではないでしょうか。
陽転中は買い方が攻撃中であり、陰転は攻守が交代して売り方の攻撃になったということですね。

でも、攻撃中だからといって必ず得点をすることが出来るとは限りませんよね。
「敵のペナルティーエリア付近で攻めに攻めている」
という状況でも得点できるとは限りません。
味方ディフェンダーさえもが攻め上がっている状況で得点することが出来なければ、カウンターを喰らって瞬時に大ピンチになることも多くあります。

相場も同じでして、買い方が攻めている状況でも価格の上昇がショボければ逆襲を喰らってしまいます。
「ストキャが陽転上昇しているのに価格は上昇せずヨコヨコのまま」
というのはこういう状況ですね。
価格の面では「ティックブレイクからの反転」というのが逆襲になります。
ですから、テクニカルを見るときには、
「陽転上昇中には、価格がしっかりと上昇しているか」
「陰転中に価格がしっかりと下落しているか」
ということを確認する必要があるのですよ。

難しく考える必要はありません。
「価格とテクニカルが自然な動きになっているかどうか」
ということを見ればよいのですね。
逆襲を喰らうときには、どこかで不自然な動きが発生しています。
それを見逃さなければいいだけなんですよ。

ま、なんだかんだといいつつも、今年一年生き残ることができました。
この「独り言」がなければ、昼間っから遊びに行く回数が増えていたでしょう。
また「今日のチャート」のコメントを書くことによって、毎日の予習復習ができたといえます。

「考えを文字にして残す」
来年はこれをお勧めします。
「明日はこう動くんじゃないか」
「このチャートだったらこうなるだろう」
「いま、ワシはこう考えている」
ということを文字にして残してください。
文章にすることによって自分の考えをまとめることが出来ますし、後日それを見て復習することもできます。
考えが合っていたか間違っていたかというのは全く問題ではなく、
「なぜ、正しかったのか、間違っていたのか」
ということを認識することが大切だと思います。

・・・で、今日は何時まででしたっけ?
  1. 2006/12/29(金) 10:57:47|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI