ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

we can do it

100円引け。

また夜間勝負ですか・・・

お疲れさまでした。
  1. 2018/10/29(月) 15:16:14|
  2. 日々雑感

14:41

結局、30分と15分の間でウロウロですか。

「下げなかった」
というのは意味がありますが、
「これから下げる」
というチャートでもありますね。

・・・

埃っていうのはどこから湧いてくるんでしょうね。
真夜中スタートにセットしてあるロボット掃除機が掃除してくれるんですが、朝起きてゴミ箱を見ると埃が溜まってるんですよ。
毎日ですよ。
小さい子供がいるワケでもなく、静かに生活しているのに、埃がどこから湧いてくるのか・・・
不思議でなりません。

@170
  1. 2018/10/29(月) 14:41:32|
  2. 日々雑感

12:41

15分と真ん中が重なっているのが150円。
それにタッチしてから300円という値動き。

ややこしいですね。

そして、そこから上げた300円が再度の30分タッチとなって220円。

強烈に難しいですね。

@230
  1. 2018/10/29(月) 12:41:27|
  2. 日々雑感

10:22

朝イチの安値を割って300円まで。

やはり、一筋縄ではいきませんか・・・

しかし、これは30分が支持線に変化したってことなのか!?

@390
  1. 2018/10/29(月) 10:22:11|
  2. 日々雑感

9:30

金曜夜間の大きな戻り高値400円を超えて430円まで。

これでIR上ブレイクとなると、

>「出尽くしから反転の初動」なのか!?

というイメージが膨らみますね。

二度目の430円が付いた。

440円。

「ランボー怒りの反転」

が見られるのか!?

@440
  1. 2018/10/29(月) 09:30:08|
  2. 日々雑感

9:03

「今日のチャート」60分では、収斂から拡散に向かった起点である690円から下落五波動を経過して安値790円まで。
そして、夜間では約二時間で690円幅の大きな戻しで400円。
(大台が変わりまくって三桁ではわかりづらいですね(笑))
その後、小さな五波動の下げで060円。
060円は大きな戻しに対しての半値押し水準です。

これらは、
「20790円で一旦出尽くしからの反転」
というイメージを描くことが出来る値動きですね。

寄り330円は30分タッチです。
この下落において抵抗線として機能し続けてきた30分タッチ。
先週の戻し高値210円からの下落の時も、210円、100円と二度30分を見てから大きく下げました。

「出尽くしから反転の初動」なのか!?
それとも、
「30分を二度見てから下げるパターン」なのか!?

本日のポイントはココでしょう。

・60分は下落相場の戻し局面
・15分は上昇相場の上昇局面

・「四要素」は三勝
・「日足大陽線の可能性を持つ動き」点灯

大きな戻しに対しての押し目の底値060円は4:10であり、そこからの再上昇はまだ一時間半ほどしか経過していません。
まずは「上」から試すことになりますね。

@370
  1. 2018/10/29(月) 09:03:41|
  2. 日々雑感

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI