ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

We can do it!!

朝の安値は抜けず。
しかし、戻さずに020円引け。

お疲れ様でした。

we-can-do-it-1381806003.jpg
  1. 2014/12/15(月) 15:15:34|
  2. 日々雑感

14:06

形としては再下落開始です。

「青四」に向かって突っ走るのか!?

@120
  1. 2014/12/15(月) 14:06:18|
  2. 日々雑感

12:36

特にナンという事もなく・・・

動きとしては金曜日と同じですね。

「安く寄り付いたものの前日引け値まで戻す。しかし、その後は下落トレンドが継続する」

しかし、金曜と異なっているのは「青三達成」です。
朝イチの安値を更新出来なければ、下落に対しての戻しに移行するかもしれませんね。

@160
  1. 2014/12/15(月) 12:36:33|
  2. 日々雑感

甲子園ボウル

甲子園ボウルは予想通り関学の圧勝でした。

1Q 14-0
2Q 17-10
3Q 14-0
4Q 10-0
---------
関学 55-10 日大

テレビ観戦をしていましたが、試合開始早々から力量差はハッキリしていましたね。

アメリカンフットボールでは選手交代が自由でして、この試合でも関学は
・3Q途中から下級生中心のセカンドチーム
・4Qからはリーグ戦で試合に出られなかった四回生の「思い出作りチーム」
が出場していました。
それでも、オフェンスは点を取り、ディフェンスはシャットアウトするのですから勝負になりませんでした。
関学の下級生は甲子園ボウルで経験を積めるのですからいいですよね。
来期以降も関学王朝が継続しそうです。

2007年以降の甲子園ボウルでは、以下のチームが出場しています。
<<関西>>
関学 五回
立命 二回
関大 一回

<<関東>>
日大 四回
法政 三回
早大 一回

そして、すべて関西が優勝しています。
出場チームが変わっても関西が勝つってところにレベル差が見えますね。

先日もお話をしましたが、TOKYOBOWLの結果も併記しますと、

一位対決 関学 55-10 日大
二位対決 立命 41-7  法政

ってことになりました。
なぜ、ここまで「西高東低」になったのでしょうか??
関東の方が高校の数も多く裾野は広いと思うのですが。

また、同志社がポシャってから「東高西低」が明確になったラグビーとは全く逆になっているのも面白いですね。
  1. 2014/12/15(月) 11:39:50|
  2. 日々雑感

9:37

「四要素」の件、見間違いでした・・・

すみません。

高値200円まで
@180
  1. 2014/12/15(月) 09:37:36|
  2. 日々雑感

9:20

えーと・・・木曜夜間の引けは500円台だったのですが。
一日休むとワケがわかんなくなっちゃいますね(笑)

安値030円は60分足での「青三」です。
60分足ベースでの直近の下落が「青五」までイクステンションしましたので、怖さを孕んだ「下落最終波動」です。

「四要素」が非常に狭い範囲に固まっていることが本日の特徴でしょう。
・トレンドがハッキリするまではドタバタする
・トレンドが決まると走りやすい
という特徴を持っています。

020円が付いた。
直近安値の030円を割ってきましたが・・・

・予想通りの自民大勝で買い材料は出尽くし、売り有利に

となるのか、

・17000円を守って新たな上昇相場へ移行

となるのか。
「日足ベースの調整(押し目)」というのが現在の状況ですので、上記を言い換えますと、

1)日足での調整を継続する

2)まだ未確認の二番天井確認の動きへ移行する

となるでしょう。
まだまた調整終了は時期尚早だと思います。

@090
  1. 2014/12/15(月) 09:20:19|
  2. 日々雑感

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI