ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

We can do it!!

650円を見て670円引け。

お疲れ様でした。
  1. 2014/10/30(木) 15:16:13|
  2. 日々雑感

14:46

高値710円まで、
ブブカスタイルでの高値更新が続いています。

「上昇→押し目」の転換は取りにいかないのがセオリー

ってことでしたら、この赤転

「「押し目→上昇」の転換はエントリーするのがセオリーなのか!?」

ってことになりますよね。
正解は・・・

「エントリーしてもいいし、見送ってもいい」

となります。
「エントリーしない」というセオリーはありますが、「エントリーしなければいけない」というセオリーはないんですよ。
簡単な事でして、「ワンバウンドのボール球は見送るべき」ってことは正ですが、「ストライクは必ずバットを振らなければいけない」ってことはないでしょ。
それと同じです。

相場における「セオリー」の意味っていうのは、極論すれば

「スケベ心を打ち消すために存在する」

といえるのではないでしょうか。

「「人の行く裏に道あり、花の山」なんて言うからなぁ。このスッ高値を売ったら案外儲かるんじゃないか!?」
とか、
「このポジションは一度も含み益にならずに、含み損ばかり増えていってるが・・・神風が吹いて儲かるかもしれんしなぁ」
なんていうスケベ心です。
それを打ち消すという事は、セオリーは全て消極的な方向を向いているのですよね。

「エントリーか見送りかを迷ったら、見送る」
「持続かポジション解消かを迷ったら閉じる」
「なぜならば、過去の経験則としてその方が良い結果が多いから」

なんていうのが「セオリーの本質」だと考えています。

@700
  1. 2014/10/30(木) 14:46:49|
  2. 日々雑感

13:42

「赤三」&「自滅型転換」というセオリー通りの動きから青転し660円。

動く相場ではセオリーが活きるというか・・・「動く相場の経験則」がセオリーなんですから当然と言えるでしょう。
そして、セオリーを知っているか否かっていうことが成績に大きく影響することもお分かりになると思います。

さて、短い足は青転しましたが、この転換は「上昇→押し目」という転換です。
つまり、「トレンド→反トレンド」の転換ですよね。
しかも、一番短い足の。

ま、「700円がド天井となって、ココから大きく下がる」って可能性はゼロではありませんよ。
しかし、「セオリー」としてはこの転換は「見送るが吉」となっていますので見送っています。

・・・

<今日のいちゃもんへのいちゃもん>

>政府が「東京オリンピック専任閣僚」を一つ増やす法案を国会に提出した。
略)
>与野党は慎重に検討してほしい

だからこれから国会で審議するんだと思うんですがね(笑)

@670
  1. 2014/10/30(木) 13:42:34|
  2. 日々雑感

12:45

高値700円まで!!

但し、これは

・赤三
・自滅型転換のセットアップ

となっています。
朝にお話をしたのではありませんが、一種の「変化の予兆」だと言えますね。
ただ、「現時点」での話しであり、解消される可能性もアリですが。

@680
  1. 2014/10/30(木) 12:45:57|
  2. 日々雑感

10:30

高値670円まで。

60分足において260円が起点となって上昇しているってのをお話しました。
60分足「大きな大きなジグザグ」を見ながら考えてみますと・・・

・260円--起点
・410円--上昇第一波動
・600円--上昇第三波動
・670円--上昇第五波動(未確定)

ってことになりますね。
そして、520円を起点とする上昇第五波動が

「520--630--540--670(現時点)」

とさらに三波動に分かれている状況です。
更に言えば、「540--670(現時点)」という小さな上昇波動を15分足で見ると、

「まだスタートしたばかり」

という第一波動なワケなんですよね。
整理整頓しますと・・・

○260円を起点とする60分足での上昇は「そこそこ」進行しており、最終波動になっている可能性もある

○仮に最終波動になっていたとしても、その波動自体は始まったばかりであり上昇余地は十分残されている

ってことになります。
そして、それが変化するのであれば、朝にお話をしましたように、価格と移動平均線との関係を見ていればわかるのではないだろうかってことですね。

・・・

最近、コーヒーに砂糖を入れるようになっています。
「コーヒーはホットでブラック」
というのを30年以上続けてきたのですが、なんか甘いのが欲しくなってるんですよね。
私の体調の「変化の予兆」なのでしょうか(笑)

@650
  1. 2014/10/30(木) 10:30:34|
  2. 日々雑感

9:26

昨日昼に600円まで、夜間に630円までの高値を付けての寄り付き。
640円が付きましたね。

上昇のスタートとしては、
1)一昨日昼の260円--これは60分足MAタッチが起点となっての上昇
2)一昨日夜間引けの350円--これは15分足MAタッチが起点となっての上昇
となっています。
そして、本日の高値更新は二番と同じく夜間引け前の540円が起点となっての15分足MAタッチからの上昇ってことですね。

上昇相場の場合は、上昇が進むにつれて起点となる移動平均線が短い時間枠に変更されていきます。

上記のように、
・一番最初の起点は60分足
・二番目の起点は15分足
なんてことですね。
では、次に来るのは、

五分足移動平均線が起点となっての上昇

であると考えられますね。
逆に言いますと、そうなるのが「普通」ってことです。
では、
「普通じゃない」=「変化の予兆」
ってことになります。
現時点では15分足が起点である上昇ですので、

・起点が五分足に変化する--さらに上昇の勢いが強くなっている
・起点が15分足のまま--上昇継続
・15分足MAを割ってしまう--変化の予兆

と考えられるのではないでしょうか。

・60分足は「上昇相場の上昇局面」
・15分足も「上昇相場の上昇局面」

・「四要素」は三勝一敗 適度にばらけた配列であり、あまり特徴はありません。

・「日足大陽線の可能性を持つ動き」点灯中

上でお話をしましたように、

・15分足MAを割ってしまう--変化の予兆

ここまでは「上」を見ていたらいいのではないでしょうか。
もしくは「日足大陽線」が消えたら注意ってことになりますね。

@630
  1. 2014/10/30(木) 10:15:16|
  2. 日々雑感

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI