ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

We can do it!!

070円引け。

お疲れ様でした。
  1. 2014/10/15(水) 15:19:08|
  2. 日々雑感

15:01

取りあえず100円まで。

今夜は飲み会で福島まで行ってきます。
福島県ではなくて大阪の福島ね(笑)

なんかアラフィフが集まって新チームを作るんだそうで・・・その打ち合わせです。
私も年に二回はヘルメットをかぶっていますが、
「リーグ戦で毎週試合」
なんてことになると、流石に身体が持たんのではないかと思います。
まぁ敵も年寄りだから大丈夫って説もありますが(笑)

まぁ飲み代くらいは稼げましたわ。

@090
  1. 2014/10/15(水) 15:01:32|
  2. 日々雑感

14:32

070円をブレイクしよう!

チャートは整っています。

@050
  1. 2014/10/15(水) 14:32:20|
  2. 日々雑感

14:11

高値070円まで。

この上昇は見えていたとして・・・ここからが難しいですね。

1)朝の高値060円にタッチしたことによって「一旦出尽くし」

2)「60分足ベースの戻し」へ移行したのだから現時点で270円どころまでの戻しは見込める

60分足は「赤二」、ですし、その60分足の「上昇(戻し)第三波動」の中の15分足は「赤一」です。
そう考えると、二番のシナリオの方が信頼できそうですね。
しかし、朝の高値タッチってのも現実です。

「じゃあ、どういう動きになったら「整った」といえるのか」

というと・・・「猪木」でしょう。
既に「コブラツイスト」は消えています。
「卍固め」もしくは「新延髄斬り」の動きがきれいですね。

・・・って書いていたら010円が付いた。

000円が付くと「新延髄斬り」の要件を満たします。
まぁ満たさなくても「ピンク猪木」でもOKでしょう、このチャートは。

なんていう状況になっています。

@020
  1. 2014/10/15(水) 14:11:22|
  2. 日々雑感

12:44

11時前の「転換のジグザグ」は解消となって910円まで。
そして、「ドン安値からの転換」の動きで赤転し020円。

これでたぶん「整った」のでしょう。
910円以降の動きが「転換のジグザグ」を見せていれば、そこで入ろうと考えていましたが、

「転換最初の調整後のメイントレンド復帰に乗る」

ってことでいいのではないでしょうか。
ギリギリ「まとめ」11番に合致する動きと言えるでしょう。

@000
  1. 2014/10/15(水) 12:45:00|
  2. 日々雑感

10:51

ここで「転換のジグザグ」が見えましたね。

今日の勝負ポイントでしょう。

@960
  1. 2014/10/15(水) 10:52:06|
  2. 日々雑感

10:29

「転換が一番美味しい」
ってことですよね。
例えば、下落から上昇に転換するときには、
・一番は早く
・一番安く
買うことが出来るのは転換時です。
(当てモノである「底値買い」は除外しますね。
また「転換の定義」については各手法において技術的な相違があって然るべきですので、この話しも除外します)

時系列で考えると、短い時間枠ほど早く転換しますよね。

五分が上方転換 → 15分が上方転換 → 60分が上方転換

というような流れになります。
このように五分足が一番早く転換することになります。
では、

「五分足の転換に乗ったらいいやん!」

ってことになるのでしょうが・・・

「一番早く転換する」 = 「敏感に反応する」 = 「ダマシが多い」

ってこともいえるのですよね。
従って、「順張り」を手法とする私たちは、

「転換後、最初の押し目(調整)を見て「この転換がホンモノかダマシか」

ってことを判断する--つまりセオリーに合致した動きなのか、言い換えると「整ったのか」ってことを見るワケです。
で、

「整いました~」

ってなるとエントリーするワケですよ。
従いまして、「転換」でエントリーするってことではなく

「転換最初の調整後のメイントレンド復帰に乗る」

ってのが一番基本となるエントリーポイントってことになります。

・・・

さて、昨日夜間の800円からの動きを見てみます。
価格が五分MAを超えて上昇相場に移行したのが21時半くらいでした。
五分足では、
1)800→000
2)890→020
3)960→060
と既に上昇五波動目となっています。
そして、上昇五波動目が終了する動きになりましたね。

それに対して、15分足では本日の寄り付き以降の動きで上昇相場に転換しました。
では、

「転換最初の調整後のメイントレンド復帰に乗る」

ってことを考えると、五分足ではなくて15分足チャートをメインにする必要があるのではないでしょうか。

・・・書いているうちに価格が変化して青転していますが、言いたかったのは

・今朝の相場で買う場合は15分足チャートにおいて「まとめ」11番(○)の動きを確認することが必要

ってことでした。
また、そういう意味からは、930円まで下げたとしても「まだ死んでない」と言えるでしょう。

@970
  1. 2014/10/15(水) 10:29:43|
  2. 日々雑感

9:16

ズルズルと落ち続けて夜間では800円まで下げました。
結局、60分足では一つイクステンションをして「青四」まで伸びましたね。
そして、60分足は
「下落相場の戻し局面」
に移行しています。

15分足ではMA上限あたりでの攻防となります。
五分足は「三本の矢」が収斂していますね。

五分足が「収斂→上方への拡散」という動きになると、それはすなわち
・15分足ベースの戻し否定
・60分足ベースの戻しへ移行
ってことになり、60分足四局面と合致します。

・・・ってことで、まずは020円越えでしょう。

「四要素」は二勝。

・・・書いていたら抜けて040円から050円060円。

これで60分足ベースの戻しへ移行したことが確定しましたね。
では、60分足MA上限である300円どころ(現時点)までの戻しが期待できます。

60分足は「赤一」進行中ですから相場は若いです。
大きな戻しもアリですよ。

@040
  1. 2014/10/15(水) 09:16:52|
  2. 日々雑感

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI