ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

We can do it!!

670円引け。

お疲れ様でした。
良い週末をお過ごしくださいませ。
  1. 2013/08/16(金) 15:15:37|
  2. 日々雑感

13:52

前場の猪木は660円までで止まってしまいましたが、後場の猪木は高値を更新して740円まで。

ドルも225の60分足もまだ上昇余地が残っていますよ。

もうチョットだけでも頑張ろう!!

@720
  1. 2013/08/16(金) 13:52:40|
  2. 日々雑感

13:32

前場と同じ動きでの猪木。

チャート的にも綺麗な動きになっています。

@670
  1. 2013/08/16(金) 13:33:03|
  2. 日々雑感

12:49

今日のジグザグは60分足ベースですね。
15分足は転換転換でウロウロしています。

高値700円で15分足MA上限タッチです。

さて、60分足ベースの戻しであれば800円あたりまでの戻しもアリなんですが、どうしましょうか。

ドルは15分足ベースの戻しを超えて、60分足ベースの調整(戻し)に移行していますね。

今日は難しいです。

@670
  1. 2013/08/16(金) 12:50:04|
  2. 日々雑感

志ん朝 「浜野矩随」



「腰元彫り」という刀剣の付属品を彫刻する彫金の名人浜野矩安(はまののりやす)の息子である浜野矩随(はまののりゆき)が主人公の人情噺です。

相場の上達にも通じるところがあるような・・・
  1. 2013/08/16(金) 11:06:47|
  2. 落語

10:58

670円越えどころか570円割れを目指して下げてますが・・・

@580
  1. 2013/08/16(金) 10:59:00|
  2. 日々雑感

10:48

思惑通り「-10」からの卍固めに移行して650円まで。

こういう展開になってくると、反トレンドとはいえ

「日足大陽線の可能性を持つ動き」

が効いてきますよね。

670円をブレイクしてくると思っているのですが・・・どうなりますやら。

660円が付いた!!

@640
  1. 2013/08/16(金) 10:49:13|
  2. 日々雑感

10:22

猪木のセットアップ。

といっても、チャートとしては反トレンド方向への猪木セットアップです。
「-10」のままで猪木になれば入ってもいいかな。

@580
  1. 2013/08/16(金) 10:22:48|
  2. 日々雑感

9:48

670円まで付けてから600円。

ま、この局面での「上昇」の意味は「単なる戻し」ですので、当然の動きと言えるでしょう。

先ほどもお話をしましたが、このチャートだったら60分足が動かないんですよね。
短い足から長い足へと順に変化していくことによって「大きな転換」が起こるワケです。
しかし、現在の時系列では15分足と60分足に大きな隔たりがあるため連動しないのですよね。

@610
  1. 2013/08/16(金) 09:48:33|
  2. 日々雑感

9:34

60分足の「包み足-上」からのスタート。

それでも、

〇60分足 下落相場の下落局面の単なる戻し波動

に過ぎません。
ちなみに、

〇15分足 下落相場の戻し局面の上昇波動

ってことです。

ただし、

「日足大陽線の可能性を持つ動き」

となっていますので、二番底確認から上昇は面白いかもしれません。
しかし、60分足は赤転しないんですよね(笑)

@630
  1. 2013/08/16(金) 09:35:14|
  2. 日々雑感

今日のチャート

225_2013081560m.png
225_2013081515m.png
225_20130815day.png
  1. 2013/08/16(金) 08:24:00|
  2. 日々雑感

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI