ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

13:33

JR西の山崎社長に無罪判決だそうです。

遺族感情としては、運転手が亡くなっている以上、

「ダレでもいいから「犯人」が存在ほしい」

ってことなんでしょうが・・・それは無理筋だと思います。

・・・

それはそうと、職務を果たしていない法務大臣は罷免に値する。
最低でも、歳費は返上するのが当然だと思うのですが如何でしょうか。

まぁいいか・・・無理だわな。

@440
  1. 2012/01/11(水) 13:33:19|
  2. 日々雑感

9:36

機嫌よく朝を迎えたのですが、途端に不機嫌になっています。

原因は日経の一面です。

「日本株 公的資金頼み」

という見出しで、

「外国人売りの七割吸収」

とのことです。
何に腹が立っているのかというと以下の二点です。

(1)手法
>(日銀によるETFの)買い入れに伴ってETFが上昇すると、証券会社などによるほぼ同額の現物株の買いを誘発する効果があり・・・

つまり、本来同一であるべき「ETF価格」と「現物株のパッケージ」との間に価格差が生じているということですよね。
もっと簡単に言うと、200円であるべきリンゴを日銀が230円などという価格で買い上がるから隣の店のリンゴと価格差がある状況になっているということです。
じゃあ、隣の店で200円のリンゴを買って日銀に230円で売ったらいいんですよね。
いうところの

「フリーランチ」

です。
ノーリスクでの裁定機会を日銀が証券会社等に与えているという意味になります。
これを突き詰めると、

税金を証券会社にタダでやっている

ってことですよ。
税金を払っている国民に対しての背任ともいえる行為です。

(2)マーケットへの影響
マーケットというのは、
「全員が必死で戦っている」
ということを前提としています。

「もっと儲けたい」
「アカン、これ以上損したら破産や・・・」

というような心理が絡まりあっているからこそ値が動くのですよ。

「儲ける必要はないし、損をしてもワシの金じゃないもんね。ハッキリ言ってどうでもいい」

という公的資金が日本株式会社の最大株主になっているのでしょ。
その結果として、東京マーケットが死んでしまったのも当然だといえます。

朝から気分が悪いわ!

@430
  1. 2012/01/11(水) 09:36:12|
  2. 日々雑感

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI