ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

We can do it!!

420円引け。

お疲れ様でした。
  1. 2011/11/30(水) 15:15:28|
  2. 日々雑感

14:35

ありゃりゃ、素直な「再上昇開始」が正解だったのですか!?

見てるだけ~です。

@430
  1. 2011/11/30(水) 14:35:34|
  2. 日々雑感

14:02

360円を付けて390円

15分足では、
「ほぼMA下限タッチからストキャ陽転」
という再上昇開始!の動きになっています。

400円が付いた!!

>でも、それって論理的に合っていますか!?

ってことで、私は買っていないのですが・・・さて、どうなりますやら。

@390
  1. 2011/11/30(水) 14:02:44|
  2. 日々雑感

13:44

午前中に
「事業としての居酒屋」
を考えてみました。

「じゃあ、私たちは!?」

ってところを考えていきましょうか。

結論からいえば、居酒屋と同じなんですよ。
ナイトセッションをしないとしても、朝の七時から夜の10時くらいまで、居酒屋よりも長い労働時間。
営業時間(場中)は五時間ほどしかありませんが、仕込み(予習)、片付け掃除(復習)の時間は居酒屋よりもはるかに長いですものね。
土日のうちの一日は総復習や新しいプランの検証などに充てていて「終日大掃除」みたいなモンでしょ。
初期投資(運用資金)もそれなりに必要です。
で、66万にせよ毎月毎月収益を上げることが出来ればいいですが、

「ダメなときは何をやってもダメ」

って時期があるかもしれません。
その時には損失と生活費がダブルで出ていくことになるのですから急速に資金が減少します。
そういう意味では居酒屋よりも厳しい稼業だと思います。

ただ、一番の違いであり相場の大きなメリットがあります。

「キャパがほぼ無限」

ということです。
例に挙げた居酒屋でしたら、一日に客が三回転しても39人ですよね。
客単価4000円として156000円の売り上げ。
純利益が1/3として52000円。
25日営業として130万円。
これが収益の限界なんですよ。
(まぁそんなに忙しければ多分店主も女将も倒れるでしょうし、倒れないようにと考えるて新たな料理人やホールのバイトを雇ったりして収益は減少します・・・)

それに対して相場はほぼ無限・青天井ですよね。
その「夢」があるがために新規参入の個人が尽きないのでしょうが・・・

脱サラして「事業」を始めるにしても「相場」を始めるにしても、どっちみち苦労しますよ!

・・・っていう話でした。

@380
  1. 2011/11/30(水) 13:44:40|
  2. 日々雑感

12:45

昼休み中にズルッときて370円。

「必ず止まる」15分足MA下限は350円あたりでしょうか。
そして、前日安値も350円。

そう考えると、
「350円近辺で「上昇に対しての調整」が終了しての再上昇開始に乗りたい」
ってことになりますよね。

でも、それって論理的に合っていますか!?

@370
  1. 2011/11/30(水) 12:45:59|
  2. 日々雑感

10:38

例えば、脱サラをして小さな居酒屋なんぞを始めてみようかと考えますよね、料理に自信あるし!!

カウンターとテーブルが二つ。
夫婦とバイト一人を雇って・・・

店舗を借りて改装をして厨房設備を入れて・・・って考えると600万ですか。
初期の回転資金が200万。

ザックリと、売り上げの内訳は

・原価が1/3
・家賃、光熱費、バイトの給料などを合算して1/3
・利益が1/3

とすると、月に200万の売り上げがあると経営者夫妻には66万の収入が入りますね。

月に200万の売り上げってことは25日営業するとして一日の売り上げは80000円平均。
客単価を4000円としたら、一日平均20人のお客さんが来てくれないと成立しないことになります。

四人掛けのテーブルが二つっていっても、そこに8人が座ることはまずないですよね。
二人とか三人でもテーブルを使います。

じゃあテーブル席で五人。
カウンターで8人とすると、一回転は13人。

そう考えると、ウィークデーも雨の日もサッカーの中継がある日も合わせて「平均20人」という来客はほぼ不可能と考えられるのではないでしょうか。

それが達成できたとしても、夫婦合わせて66万の月収に過ぎないんですよね。
勤務時間は14時15時ごろから仕込みを始めて17時に開店、24時に閉店してから片付け・掃除をして帰宅が2時。
休みは週一だけで、その日も翌日の仕込みや換気扇の掃除なんかで店に行くことが多い。
(そういう姿はよく見ます)

・・・

新しい事業を始める例として居酒屋を出しました。

・初期投資800万
・休みは週一
・一日の勤務時間は14時から26時の12時間
・収入は夫婦合わせて66万(うまくいったとして)

・・・

じゃあ、私たちは!?

@410
  1. 2011/11/30(水) 10:38:21|
  2. 日々雑感

9:19

寄った瞬間に

オワタ・・・

って感じですね(笑)

「広い値幅の翌日にレンジのど真ん中での寄り付き」

・前日が強かっただけに下落するっていう動きにはならず・・・
・「前日高値にチャレンジしても跳ね返されるよなぁ・・・」ってことで上昇もせず・・・

ってことで、真ん中で固まっちゃうことが多いんですよね。

で、現在、固まり中です(笑)

@400
  1. 2011/11/30(水) 09:19:37|
  2. 日々雑感

We can do it!!

480円引け。

お疲れ様でした。
  1. 2011/11/29(火) 15:15:28|
  2. 日々雑感

14:48

高値470円まで。

最近の値幅を考えると、場中に100円上昇するなんていうのは、

「盆と正月が一緒にキタ~!!」

って感じですよね(笑)

・・・

下の娘が沖縄に行くってんで、

「キャリーバックが欲しいの!」

なんてことを言ってまして・・・

「お姉ちゃんがシンガポールに行った時のボストンバックがあるやん」

って言っても、

「今はゴロゴロしないとダメなのっ!!」

なんてことを言うので、楽天で注文していたら上昇してました(笑)
とりあえず、キャリーバックの代金は稼ぎましたよ。

もうほんの少ししか残ってないけど・・・500円を目指そう!!

@470
  1. 2011/11/29(火) 14:48:51|
  2. 日々雑感

12:51

・高く寄り付いて、
・昼休み中に「下はない」っていうのを再確認し、
・バッチリのタイミングで二度目のIR上ブレイク。

「さぁどこまで伸びるのか!?」

って局面になっています。

もうチョットくらい走ってや~

@390
  1. 2011/11/29(火) 12:51:44|
  2. 日々雑感

10:06

トピがIR上ブレイクするも失敗。
しかし、跳ね返される動きにはつながらず、IR上限に張り付く動きを続けています。

まぁ
「下落相場の単なる戻し」
ですから、強い動きをしていたとしても

「上じゃ~!!」

っていうよりも、

「うーん・・・今日のところは下はないんじゃないかなぁ・・・」

って感じになりますよね。

@380
  1. 2011/11/29(火) 10:07:05|
  2. 日々雑感

9:28

高値380円まで。

これでちょうど60分足MA上限タッチってところですね。
そういう意味では一つのポイントであることに間違いはないのですが、「単なる戻し」であってもまだ二日目です。
ずっと下げ続けてきましたのでショートも溜まっているでしょうし、それこそ、

「もうチョイくらいは戻すんじゃないの」
「価格的な戻しは横に置いておいても、時間的には戻すんじゃないの」

って感じではないでしょうか。

@350
  1. 2011/11/29(火) 09:28:50|
  2. 日々雑感

We can do it!!

310円引け。

お疲れ様でした。
  1. 2011/11/28(月) 15:15:44|
  2. 日々雑感

13:39

いまが今日のポイントとなる時間帯・価格帯であることは誰もが考えているところでしょう。

330円から270円--310円と高値を更新出来ずの280円。
時系列ジグザグ100種では、

「高値未更新の下」

という流れであり、ここからは

1)270円を割って「下の下(既)」へ

2)310円を超えて「上の上(既)」へ

と、どちらに動くにしてもトレンド発生となります。

@290
  1. 2011/11/28(月) 13:39:59|
  2. 日々雑感

12:58

「欧州の危機がやや後退した」

なんて解説が出ていますが、単純にテクニカルリバウンドでしょう。

また、「今日のチャート」でお話をしましたように、先週末には15分足チャートにおいて価格と移動平均線が接近していました。
そのために
「上もアリ」
という状況であったことも
「高く寄り付いて更に上」
という動きになりやすい状況でしたね。

まぁ単純に
「NY夜間が高いから」
というのが最大の理由でしょうが(笑)

@310
  1. 2011/11/28(月) 12:58:33|
  2. 日々雑感

(50)対応


こんばんは、河内屋です。
週末は関西学生アメリカンフットボールリーグの最終戦を観にいってきました。
全勝同士の対決、立命館対関学です。
これまでの試合での総得点・総失点は両校ほぼ同じであり、この試合も接戦が期待されていました。
しかし、結果は、

関学 37 - 7 立命館

と関学の圧勝となりました。
ナゼこのような大差がついたのでしょうか。
その理由は、

「サプライズに対する対応能力の違い」

だったと思います。
実力が均衡した試合では「腹の探り合い」からスタートすることが多いです。
いろいろな種類のプレーを使いつつ、スカウティングで得た対戦校のデータと現実とのギャップを修正し、当日のゲームプランを再構築する。
実力が均衡していればいるほど、当日のゲームプランの再構築には時間が掛かり、よって前半はロースコアゲームになることがほとんどです。
しかし、この日の関学は最初から飛ばしに飛ばしました。
奇策・奇襲といわれるようなプレーを最初のオフェンスシリーズからいくつも繰り出し、それがまんまと的中したのです。

立命館にとっては一連の関学のプレーは「サプライズ」だったと思います。
そして、その「サプライズ」に対応することが出来なかった。
その結果、前半を終わって「20-0」と関学にリードされてしまったのですよ。
そうなると、立命館は準備してきたゲームプランを出すことも出来ず、キャッチアップオフェンス(追い付くためのオフェンスプレー)をせざるを得なくなりました。
つまり、自チームの持ち味である、
「巨大なオフェンスラインを使ったランプレー」
を使うことが出来ず、やや不得意なパスを投げ続ける必要があったのですね。

その結果が大差のゲームとなったと考えています。

・・・

相場に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。

第46回のコラムでは「準備」という題名で予習・復習の大切さをお話しました。
私たちは毎日「シナリオ」を考えていますよね。

「こう動いたら、こう対応しよう」
「こうなったら、これを確認した上でこのように対応しよう」

という感じです。
毎日行うことによって対応能力は向上すると思います。
しかし、皆さんは「サプライズ」にも即座に対応することが出来るでしょうか。

例えば、三月の東北大震災。
震災が起きたのは3/11(金)の場中でしたよね。
そして、先物が7800円を付けたのは3/15(火)でした。
たまたま、先物を買っていたとかプットを売っていたということはあると思います。
しかし、金曜の引けで損切りをするとかイブニングで損切りをするとか月曜日に対応するなど、対応する時間は長すぎるくらいありました。
対応することが出来た参加者は生き残り、対応することが出来なかった参加者が退場する結果となったのでしょう。

「サプライズ」つまり「想定外」という意味ですから、それに対して準備することは不可能です。
しかし、相場において「サプライズ」への私たちの対応策は難しくありません。
この対応策を皆さんにお伝えして、本日のコラムは終わりますね。

「ポジションを閉じる」

  1. 2011/11/28(月) 11:03:50|
  2. 相場小話

9:46

だから・・・月曜の朝一から勝手に盛り上がられても対応できないですって!

高値310円まで。

@300
  1. 2011/11/28(月) 09:46:50|
  2. 日々雑感

We can do it!!

180円引け

お疲れ様でした。
よい週末をお過ごしくださいませ。
  1. 2011/11/25(金) 15:15:35|
  2. 日々雑感

15:08

完全に寝てました・・・

@180
  1. 2011/11/25(金) 15:08:11|
  2. 日々雑感

13:17

海底Bar

北浜ダイナーでドリンク担当だったタケシ君が独立して始めたのが「海底バー」です。
ロケーションは最高でして、堺筋沿いの道修町かな、平野町あたりのビルの二階です。

店内は珍しいサンゴや深海魚のはく製で埋め尽くされており正に「海底バー」って感じですよ。

ただ、ロケーションはいいものの経路がスゴイ!

「堺筋に面したコンビニの隣の立体駐車場の二階」

この説明でわかる人はいるのでしょうか??

「立体駐車場の二階は車しかないハズでしょ(笑)」

そう思っていたのですが、ホントに「立体駐車場の二階」にありました。

立体駐車場ってド真ん中に車を方向転換するための丸い円盤状のモノがありますよね。
奥には車を運ぶエスカレーター。
あとは、おっちゃんがいる小さなボックスって感じでしょうか。

そのおっちゃんのボックスを通り過ぎてエスカレーターの隣に非常に小さな螺旋階段があるんですよ。
ほぼ「消防署の緊急時二階から降りる滑り棒」のあなと同じくらいの穴についている螺旋階段を上ると「海底バー」に到着します。

ま、一人でノンビリとやっているようなので、ご近所の方は覗いてみてください。

私はプライベートでいってますので(笑)

「河内屋に聞いた」

なんて言っても

「ダレそれ??」

って言われますのでお気をつけて。

@170
  1. 2011/11/25(金) 13:17:17|
  2. 日々雑感
次のページ

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI