ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:10

あえて290円を付ける意味がわからんわ・・・

280円引け。

お疲れ様でした〜
  1. 2010/12/24(金) 15:10:51|
  2. さるさる時代

14:54

「終日商いで値幅2ティック」
というのは世界記録じゃないですかね!
絶対に世界記録やと思うなぁ!!!

世界新記録バンザーイ!

@270
  1. 2010/12/24(金) 14:54:54|
  2. さるさる時代

14:03

徐々に「上」へも動けるチャートになりつつあります。

・・・って値幅20円でナニを言ってもダメか(笑)

@260
  1. 2010/12/24(金) 14:03:30|
  2. さるさる時代

12:38

そろそろ動くタイミングになってきますが・・・

@260
  1. 2010/12/24(金) 12:38:59|
  2. さるさる時代

10:48

280円--260円のレンジ内で推移しています。
どうにもならないですね・・・

ずっと手仕舞いを分割で行ってきたのですよ。
初期のころは
「+30円」で1/3
「+60円」で1/3
「+90円」で1/3
なんて感じです。
「+30円」が約定すると残りを建て値で手仕舞いしてもトントン以上が確定。
「+60円」が約定すると二塁打確定。
そうなると「+90円」で手仕舞い予定の玉を更に三分割して、
「+90円」「+120円」「残りは引け成り」
なんて感じで「利を伸ばす」手仕舞いをしてきました。
基本的な考えは、
「ヒットの延長がホームラン」
ということです。
教室のお弟子さんにも分割手仕舞いを何度も何度もお話をしてきたのですね。

でも、それが出来なくなってきましたね。
「+20円」「+40円」「+60円」
にしたり、
「+30円」「+40円」「+50円」
に変えたり・・・
最近は30円を取るのがどれだけしんどいか(笑)

ま、年末ですからね。
新年には動くでしょ。
いえ、動いてください、お願いします(笑)

@260
  1. 2010/12/24(金) 10:49:12|
  2. さるさる時代

(5)後の先

「サッカーにおいて敵チームのシュートを味方のゴールキーパーが防ぐ」
という一連の行為において「シュート」は「攻撃」ですね。
そして、ゴールキーパーの動きは「守備」です。
バレーボールでは「アタック・スパイク」が「攻撃」で「レシーブ」が「守備」ですよね。
では、以下のように定義できるのではないでしょうか。

「攻撃」・・・(ボールを蹴る方向・強さ・タイミングなどを)自らの意思で決定することが出来る
「守備」・・・相手の意思に対応し、その意思を挫く。

そう考えていくと野球って面白いですよね。
守備側の代表選手であるピッチャーは球種・コース・球速などを「自らの意思で決定」していますし、攻撃側のバッターは投げられたボールに「対応する」ことしか出来ません。
しかし、バットにボールが当たってからは攻守が入れ替わりますよね。
野手は打たれたボールに対応することしか出来ません。

上記の定義を当てはめますと、ボールがピッチャーの手を離れるまではピッチャーが「攻撃選手」でありバッターは「守備選手」です。
そして、ボールがバットに当たってからはピッチャーを含めた野手が「守備選手」になります。
「(Aチームの)攻撃--(Bチームの)守備--「(Aチームの)守備」
もしくは、
「意思--対応--対応」
という流れになります。
野球はひとつのプレー中に実質的に攻守が入れ替わる珍しいスポーツだといえるでしょう。

・・・

相場において私たちはどのような立場なのでしょうか。
昔の仕手筋なんていうのは「攻撃」だったのかもしれませんが、一般的に私たちは「価格の動きに対応する」ということしか出来ません。
そういう意味では「守備」だといえるでしょう。
しかし、「守備・対応」だけで勝つことが出来るでしょうか。

「わ~上がってきたぞ!!買いや買いや!」
「ギャー今度は下がってきた~ドテン売りや~」

これで勝てるでしょうか?・・・っていうよりも、これが「対応」だといえるでしょうか(笑)
これは単に「後手に回っている」だけですよね。
私たちが勝つためには「後の先(ごのせん)」でないとダメなんですよ。

「相手の攻撃を受けているように見せながらも先手を取っている」
という売買をするためには現在の動きの意味を認識することが必要になります。

例えば、300円から330円への動きがあったとします。
「これは大きな上昇の第一歩である」
と考えるのであれば素直に乗ったらいいのですよね。
普通の「後手」でOKです。

「いや、これは単なる戻しである」
ということが認識できれば
「戻しを見送って再下落開始に乗る」
という売買が可能ですよね。

つまり相場における「後の先」とは、
「目先の動きにとらわれず「大きな流れ」に乗る売買を行う」
ということであり、
「シナリオを描いて「待ち伏せ」をする売買を行う」
ということでもあります。

「後の先」の意識を持つと、
「えーっと、どうしよどうしよ」
って慌てることもなくなります。
「後手」に回っているから慌てるんですよね。
「先手」の動きが読めていればダレも慌てません。

もう年末です。
今年の収支は如何でしたか?
年末年始にいっぱい勉強して来年もガンガン儲けましょうね。
  1. 2010/12/24(金) 10:04:13|
  2. 相場小話

9:45

水曜は15分足MA下限タッチで引けていました。
本日は60分足MA下限タッチからのスタートになっています。

つまり、15分足MA下限は支持線として機能しなかったことになりますね。
メインチャートである60分足は、
・MA下限タッチ
・ストキャは現時点で「79」「86」と陰転が明確化
・MACDも陰転し、ストキャの陰転を追認
という状況になっています。

これは、
「ストキャ・MACDは非常に弱い動きをしているがMA下限という強い支持線がなんとか下落を食い止めている」
という状況ですね。
では、
「割っちゃうとグダグダに」
という意味も持っています。

それを踏まえてどうしましょうか。

@270
  1. 2010/12/24(金) 09:45:29|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI