ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

14:45

>時間の経過は「買い方にとって不利」に働きます。

というのがよくわかる動きでした。
二時半まで動かなければ「上」はなくなって「下かヨコヨコのまま」ということになりますもの。

今週も終了ですね。

安値150円まで
@170
  1. 2010/12/03(金) 14:46:06|
  2. さるさる時代

13:42

明日は関西学生リーグのプレイオフ一回戦。
抽選の結果、先週の日曜と同じカードになって「関大--関学」です。

日曜にやって土曜に再試合ですので中五日ですね。
選手もそうですがスタッフが大変なのをご存知でしょうか。

日曜の試合終了後、休む間もなく大学に帰ってるでしょう。
・敵のオフェンス
・敵のディフェンス
・自分とこのオフェンス
・自分とこのディフェンス
と四つに分かれて試合の分析を開始。
ヘッドコーチ、オフェンスコーディネーター、ディフェンスコーディネーターに学生アナライジングスタッフが加わって日曜はそのまま徹夜だと思います。

月曜、選手はストレッチと軽く身体を動かして疲労を取ってからミーティング。
しかし、スタッフはそのまま二日目の徹夜に突入ですね。

だって、試合の分析が出来ないと次の試合のプレーブックが作れないでしょ。
プレーブックがないと火曜からの練習が出来ないってことなんですよ。

で、火水木と新しいプレーブックに基づいて練習。
金曜は軽〜く流して疲労回復に努める。
で、土曜が試合。

こんな流れになると思います。
アメリカンフットボールは「準備のスポーツ」と言われる所以ですよね。

@180

動きませんね。

時間の経過は「買い方にとって不利」に働きます。

@180
  1. 2010/12/03(金) 13:42:26|
  2. さるさる時代

13:07

最近はナニゲに「後場IR(30)」なんていうのが重要な意味を持ってたりしまして・・・

170円で止まって200円というのは、
「五分足MA下限タッチで止まった」
ということなのですが、もうチョット細かく見ますと
「直ぐに再上昇開始となるにはムリをする必要がある」
というチャートでして、一時半くらいにスタートするとギュイーンと伸びるチャートになっています。

後場IR(30)の「200--170」
これを一時半くらいに上ブレイクしてれば信頼度が高いシグナルとなるでしょう。

@200
  1. 2010/12/03(金) 13:07:48|
  2. さるさる時代

12:40

五分足MA下限タッチとなっています。
そして、一番広い「D価格帯」のど真ん中ですね。
止まって反転するところです。

「止まるべきポイントでキチンと止まることが出来る」
=「支持線が機能している」
=「上昇トレンドが活きている」

ということですね。

さぁどうなりますやら。

安値170円
@180
  1. 2010/12/03(金) 12:40:22|
  2. さるさる時代

10:33

二日連続でIR(30)レンジ内の動きですか。

まぁ今日は210円が付いて
「下ブレイク!!!」
しているのですが、四回約定して八枚しか出来てないし(笑)
つまり、マバラ筋が泡を喰ってクリックしただけということですね。

でも、
「下ブレイクがダマシになって上へ」
という動きにもなりませんね。

15分足のテクニカルはとても悪化していますが・・・
・明確なダイバージェンス発生
・MACDが陽転即再陰転

二回目の210円
じゃあ、下ブレイクはダマシじゃないってことね。

@220
  1. 2010/12/03(金) 10:34:00|
  2. さるさる時代

(3)男性と女性

12月に入りクリスマスソングも聴こえるようになってきました。
以前に
「売りと買いとでは動きが異なっているのか」
というお話をしました。
本日は、

「男性と女性では、どちらが相場が上手いか」

というお題でお話をさせていただきますね。
(あくまでも私の主観であり統計的なものではないことをご承知下さいませ)

・・・

前回、以前私が「先物道場」という名の相場教室をやっていたことをお話しましたね。
そのときには、
「女性お断り」
にしていたのですよ。
・・・またまた話が逸れていきますが(笑)

正確には、
・初期は性別関係なし
・中期に「女性お断り」
・後期は性別関係なし
という流れになります。
(「相場独り言」を「告知」などというキーワードで検索すると当時の募集告知が読めると思いますよ)
中期に「女性お断り」としたのは私が「女嫌い」なわけではありません。
女性は大好きなんですが・・・(笑)

一部の女性だけなんですが、
「初心者なんでぇわかりません」
「メールの添付ファイルってなんのことですか」
「チャートの設定が出来ません」
というネットで調べたらすぐにわかるような質問から始まって、
「最近、ダイエットのためにウォーキングを始めたんですよ」
「河内屋さんはどんな食べ物が好きですか」
なんて友達関係みたいなメールが来るようになったりしたのですよ(笑)

いえ、フレンドリーな関係はいいのですよ。
でも、基本的には「相場上達」が目的ですよね。
数人の女性への対応にすごく時間を取られまして、それから「女性お断り」にしたのです。

その後、「女性お断り」を続けていたのですが、ある期が終了したときに
「男名前で申し込んでましたが、実は私女性でした」
なんていうメールが続々と届きまして・・・
それで「女性お断り」はやめたという経緯があります。

・・・

閑話休題。

「性別によって上達具合に違いはあるのか」
というのが今回の本題です。

「先物道場」は第十三期まで行いましたが、主席卒業は圧倒的に女性が多いです。
私なりにこの理由を考えてみますと・・・

「愚直」
「素直」

という言葉を思い浮かべます。
女性がより上達するのは「愚直」だからではないでしょうか。
例えば「道場」で
「スケッチブックを買ってきて下さい」
「毎日のチャートをスケッチブックに貼り付けて下さい」
「ここで買った、ここで売ったと記入してその理由も記入して下さいね」
ということをお話したとしますよね。
「愚直」にスケッチブックと糊を買いに行くのは女性なんです。
そして、
「もう10冊目です」
「時間を見つけて過去のスケッチブックを読み返しています」
「過去の売買が如何に稚拙であったかよくわかります」
なんてことをおっしゃるのは女性ばかりなんですよね。

「zigzag」を勉強したときも色鉛筆を使って
「上昇トレンド」
「下落トレンド」
を色分けしていたのは女性でした。

野郎は「効率」を求めます。
「時間と手間を省いて如何に最短距離で上達するか」
ということを考えてしまうのでしょう。

皆さんも、毎日勉強してらっしゃることと思います。
私は和助さんたちの手法の内容は知りませんが、三人とも私のところの卒業生ですのでヘンなことは教えていないと確信しています。
上達しようと思ったら「愚直」に和助さんたちの出す課題をこなしていくのが一番の近道だと思いますよ。
皆さんのご健闘を祈念しております。
  1. 2010/12/03(金) 10:01:50|
  2. 相場小話

9:15

「なんぼなんでもコリャ無理やろ」
という感じですね(笑)

15分足なんぞは収斂する間もなく
「拡散から更なる拡散へ」
という動き。
ただねぇ、60分足が火曜水曜でMA下限チョイ割れまで下がっていますので、現在のメインチャートである60分足は「イイ感じ」なんですよね。

昨日もそうでしたが、寄り後でズルッと下げても
「高い寄り付きを否定した」
というわけではないケースがあります。
また、
「(高い寄り付きを)朝は否定したが後場には肯定する」
ということも考えるべきでして・・・

まぁそんなこんなですわ。

@220
  1. 2010/12/03(金) 09:15:27|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI