ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:10

410円引け。

お疲れ様でした〜
  1. 2010/10/13(水) 15:10:36|
  2. さるさる時代

14:50

安値は390円まで。

「下は走らない」って動きになっています。

まぁ今日はこんなもんでしょう。
結果的に本日の動きは、

「価格的にはまったく戻すことなく時間だけが経過した」

ということでした。

@420
  1. 2010/10/13(水) 14:50:33|
  2. さるさる時代

13:05

510円から430円。

こうなったら、またややこしいでしょ。
本来は、
「昨日の下落に対しての調整は510円で終了!再下落開始じゃ!!!」
ということになるのですが、懸案である
「15分足チャートの大きな下方乖離」
はあまり解消されていません。
問題が解決しないまま380円割れを目指すというのは「無理筋」ですよね。

従いまして、現状では
「上は反トレンド」
「下は走らない」
という商いがしづらい状況になっています。

だから・・・朝一の簡単なところを取りたかったのですよ!

@430
  1. 2010/10/13(水) 13:05:52|
  2. さるさる時代

10:38

すみません、計算間違いをしていました。

「真ん中」は570円でしたね。

@500
  1. 2010/10/13(水) 10:38:57|
  2. さるさる時代

10:21

IRを上にブレイクして510円まで。

反トレンドとはいえ、簡単な動きでしたので取れているのではないでしょうか。

「じゃあ、これで15分足MA上限までの戻しになるのね!」

ってことなのですが、そうはいかないのですよね。
「B」価格帯を縦断するのはムリってモンです。
勢いよく510円まで戻していますが、「戻しいっぱい」が近づいてきています。

@510
  1. 2010/10/13(水) 10:21:39|
  2. さるさる時代

9:51

「朝から売ろうと考えていた」ということですが、これは大きなトレンドが発生した翌日のセオリーですね。

大きなトレンドが発生して値幅の大きな日の翌日の動きは、

1)トレンドサイドへのギャップで寄り付いて更に走るが「九時半出尽くし」となって反トレンド(調整)へ

2)反トレンドサイドへの寄り付きとなったら、トレンドサイドへの動きの後でウダウダ(インサイドデー)に

なんて感じになることが多いのですよね。

本日に当てはめますと、

1)は、例えば・・・
昨日の安値380円を割って350円で寄り付いて280円まで下げるも「九時半出尽くし」から戻しへ

もしくは、

300円で寄り付くも「寄り底」となって戻しへ

なんていう動き。

2)は、
上で寄り付いてから前日安値を確認し、
・割れなければ調整局面へ。
・割れたら昨日のように急落へ。
ということなのですが、昨日と違って15分足の下方乖離これだけ大きければ休憩なしに「下」へ走ることはありません。

つまり、(簡単な)トレンドサイドへの動き(下落)があるのは朝一だけなんですよね。
これを取りにいこうと思っていたのに見逃してクヤシイって話だったのですよ。

@450
  1. 2010/10/13(水) 09:51:51|
  2. さるさる時代

9:23

朝から売ろうと思っていたのに・・・バタバタしてて見逃し。

も〜〜!!

@440
  1. 2010/10/13(水) 09:23:34|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI