ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:10

090円引け。

お疲れ様でした〜
  1. 2010/06/16(水) 15:10:34|
  2. さるさる時代

13:04

100円から110円!

私は095円で手仕舞い済みです。

最近になり分割売買をやめました。
歳を取ったからでしょうか、面倒くさくなってきました。
今はもう竹を割ったような売買ですよ(笑)

エントリーが約定すると、
・「+50円」のところに手仕舞いの指値を置く
・「-25円」のところに「成り行きに変更」の逆指値を置く
という「ツイン指値」を置いてほったらかしです。
本を読んだりしながら約定音が鳴るのを待っています。

気楽でいいですよ。

@100
  1. 2010/06/16(水) 13:04:50|
  2. さるさる時代

9:32

祝!10000円台復帰♪

ま、こんな感じでしょうか。

デイトレとしては、またまたやりにくいチャートになっています。
先日もどこかでお話しをしたと思いますが、
「収斂から拡散」
を取りに行くのが一番簡単であり利益も多いんですよね。

「トレンド発生」--「調整局面」--「トレンド発生」--「調整局面」・・・
と続きますよね。
「トレンド発生」というのは、
「移動平均線から離れる動き」
を意味します。
1)価格が移動平均線の上に位置しており更に移動平均線から上へ乖離する動き
2)価格が移動平均線の下に位置しており更に移動平均線から下へ乖離する動き

「調整局面」というのは「反トレンド」ですから上記の反対です。
価格が移動平均線へ向かい、乖離が縮小する動きですね。

ただし、「調整」には大きく分けて二つがあります。
「価格の調整」
「時間の調整」
です。
「価格の調整」であれば反トレンドに乗るポジションでも利益が出ますが、「時間の調整」でしたらダメですね。
しかも、「価格の調整」だったとしても「反トレンド」なんですから「トレンド」よりも大きくなることはありません。

「トレンドサイドへ200円上昇」--「調整局面70円下落」
なんて感じです。
これが210円以上下落しちゃうと、ジグザグが転換しちゃいますよね。

つまり、
「反トレンドに乗っても値幅は小さいし、そもそも「価格の調整」になるかどうかも不明」
ということです。

トレンドサイドへの動きは、
・動きは明確でわかりやすい
・動きが素早くてイライラしなくてもいい
・値幅が大きく利益が大きくなる
なんてことでメリットばかりなんですよ。

・・・・・・・・

一番簡単なのは、
「価格が移動平均線のすぐ上にあって、そこから大きく上方乖離する動きに乗る」
(売りは逆)
ってのです。

今日はその美味しいところがもうないんですよ。
寄り付き時点で大きく上方乖離しちゃっていますので、更なる上伸は考えにくいですね。
じゃあ、売る??
上でお話をしましたように、反トレンドに乗るのは効率的ではありません。

「じゃあ今日一日はどうしたらいいのよ!?」

@060
  1. 2010/06/16(水) 09:32:33|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI