ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:10

010円引け。

お疲れ様でした〜
よい週末をお過ごしくださいませ。
  1. 2009/10/30(金) 15:10:46|
  2. さるさる時代

買い下がり・売り上がりに関する考察(その四)

5)利食いが小さくなる

350円から買い下がって310円まで五枚買ったとします。
「350円は売られ過ぎ」と考えていたにもかかわらず310円まで下がったのですね。
「なんでじゃ!?おかしいやないか!!」
「ひょっとしてワシが間違っているんか!?」
という心理を押し殺して買い下がっていったことでしょう。
五枚の玉を抱えたまま310円から400円間で上昇するのを待てるでしょうか。

270円までナンピンを続けたとします。
心理的には、
「この含み損がなくなったら手仕舞いしよう・・・」
と「楽になる」ことばかりを考えてしまうのではないでしょうか。
平均単価近辺で手仕舞いをして、
「助かった〜」
と胸をなでおろすのが関の山ですよね(笑)

また上でお話をしましたように、
「ワシが思ったように350円を底値にして上昇し始めたぞ!!」
というときには400円でも500円まででもポジションを持続できるでしょう。
でも、一枚しか持ってないのですよね。

どちらにしても「小さな利食い」しかできないのがこの手法の特徴です。

・・・・・・

利食いは小さくなり、損切りはしづらく、常に退場の危険性をはらんでいる。
こういうことから、昔の人はこの手法に対して次の言葉を贈りました。

「ナンピン素寒貧」
  1. 2009/10/30(金) 14:51:28|
  2. 相場のセオリー

買い下がり・売り上がりに関する考察(その三)

3)損切りがしにくい

350円の時点で
「そろそろ底やろ」
「安すぎるで!!」
と思って買ったのですよね。
じゃあ、330円ではどう考えるでしょうか。
「もっと割安になった!バーゲンセールじゃ〜!!」
と考えますよね。
では、310円では・・・
「天与の買い場じゃ〜!!!」
となるのが普通です。
じゃあ250円は?200円は??100円では???

「割安だ!売られ過ぎだ!!買い場だ!!!」
と考えていながら損切りをするというのは非常に困難です。
ヤラレているポジションをズルズルと持続しがちになってしまいます。

4)「九勝一敗」で退場になる

「損切りがしにくい」ことと関連します。
この手法では価格が不利に動くと、
・ポジションが増加する
・含み損が増大する
・さらに「割安感」が増加する
となってしまいます。
一言でいえば「どうしようもない」という状況です(笑)
「いやいや、どこかで反転上昇するだろう」
「ここで止めたら底値を買えない」
ということで資金いっぱいまでナンピンを続けがちです。
反転上昇することがほとんどだとしても、一度だけでも「下落継続」になると退場になってしまいます。
  1. 2009/10/30(金) 14:50:16|
  2. 相場のセオリー

買い下がり・売り上がりに関する考察(その二)

では、デメリットはなんなのでしょうか。

1)ポジションが大きくなるにつれて含み損も拡大する

350円で一枚買って次に340円で一枚買ったときには、350円の玉は10円の含み損を抱えています。
・ポジションが一枚のときは含み損なし
・ポジションが二枚の時には「-10円」
・ポジションが三枚の時には「-30円」
・ポジションが四枚の時には「-60円」
・ポジションが五枚の時には「-100円」
以降、10円下がるごとに「-150円」「-200円」「-250円」と含み損が増えていきます。

「でも、平均取得単価が下がるから少し上昇しただけで含み損は解消される」
という意見があると思います。
これを考えてみましょう。

平均単価は以下のとおりです。
・350円(350円)
・345円(350円・340円)
・340円(350円・340円・330円)
・335円(350円・340円・330円・320円)
・330円(350円・340円・330円・320円・310円)

確かに単価は五円ずつ低下していっています。
しかし・・・

現在値350円--@350円
現在値340円--@345円
現在値330円--@340円
現在値320円--@335円
現在値310円--@330円

このように現在値との下方乖離が大きくなっていくのですね。
これはとても不利です。

整理してみましょう。

現在値350円--@350円×1枚、現在値から平均単価の乖離「0円」、含み損「0円」
現在値340円--@345円×2枚、現在値から平均単価の乖離「-5円」、含み損「-10円」
現在値330円--@340円×3枚、現在値から平均単価の乖離「-10円」、含み損「-30円」
現在値320円--@335円×4枚、現在値から平均単価の乖離「-15円」、含み損「-60円」
現在値310円--@330円×5枚、現在値から平均単価の乖離「-20円」、含み損「-100円」

ポジションが大きくなるにつれて、
・平均単価は現在値から離れていく
・含み損が加速度的に増加する
という特徴があります。

2)価格が有利な方向に変動したときにはポジションが小さい

「350円から310円まで買い下がろうと考えていたにもかかわらず、350円を底にして上昇しちゃった」
なんてことはありませんでしょうか。
底値で一枚買えたのはよかったのですが「たった一枚だけかよ・・・」ってことになりますよね。

つまり、この手法は
・有利な価格変動には小さなポジションで、
・不利な価格変動に対しては大きなポジションで
対応するモノであるといえます。
  1. 2009/10/30(金) 14:48:34|
  2. 相場のセオリー

買い下がり・売り上がりに関する考察(その一)

「350円で買って、340円で買って、330円で買って・・・」
こういうのが「買い下がり」です。
「ナンピン」ともいいますね。
エントリーにおいて、この「買い下がり」「売り上がり」という手法を使うことについて考えてみたいと思います。

この手法のメリットは何でしょうか。
最大のメリットは
「厳密なエントリー価格の設定が不要である」
ということでしょう。
「このあたりの価格は、いくらなんでも売られ過ぎやろ」
という相場観を持っていたとき、「点(一本の価格)」でエントリーする必要はなく
「売られ過ぎの価格帯を買う」
という「線」で対応することができますね。
「底」を当てようとしても無理なのはお分かりだと思います。
でも「底近辺」だったらわかるような気がしますよね(笑)

もう一つメリットがあるとすれば
「一回あたりの発注単位が小さくなる」
ということでしょう。
「350円で5枚買う!」
ということには心理的な恐怖感があったとしても、
「350円から310円まで10円ナンピンで1枚ずつ買う」
ということであれば心理的な負担は少ないと思います。

つまり、この手法のメリットは
「楽」
「あいまいさが許される」
ことであると考えられますね。
  1. 2009/10/30(金) 14:47:21|
  2. 相場のセオリー

13:09

前場での下ブレイクも当然走らず!
レンジ内に戻ってきて050円タッチとなっています。

ま、こんなもんでしょう。

@030
  1. 2009/10/30(金) 13:10:10|
  2. さるさる時代

9:28

昨日の動きによって、

○日足
実体がMA下限を割り込み、ストキャも陰転が明確になった
%Kの下方乖離が「強い下落トレンド発生」を示している
しかし、同時に「戻りが入りやすい状況」でもある

○60分足
ストキャ陽転もSDの最小値「4.6」が示しているように「逆らってはいけない数値」からの陽転であり信頼度は低い
MA上限は現時点で160円あたり

○15分足
「パラメーターのマジック」によって昨日後場からストキャが急角度で上昇中
現時点ですでに「67」「57」まで上昇している
「いつも止まる」MA上限は080円あたりを下降中
一昨日の安値である070円とともに強い抵抗線となる
しかし、「移動平均線の帯」が大きく拡散しており、ここから更に拡散することは考えにくい

・・・ということで、総合的には
「戻しやすい日だが「窓」によって戻しが終了した可能性が高い」
「しかし、ガンガン下がることもない」

「つまり、終日狭いレンジでのヨコヨコが最有力(笑)」
ということになりますね。

注意点はトピです。
寄りあとに一昨日の高値を越えています。
225では「10220円レベルを超えた」ということです。
すぐに下がっていますが、再度このラインをまたぐような動きになればシナリオを大きく変える必要がありますね。

@030
  1. 2009/10/30(金) 09:28:13|
  2. さるさる時代

13:20

前場はミニ10枚で売りあがってみました(笑)

IR(30)上ブレイクから、
・895- (10)
・905- (10)
・915- (10)
・925- (10)

残念ながら35円は不出来でした。
これを前引けで手仕舞い。

今は855円の玉を持っています。
下も五発ほど買い下がる予定だったのですが、トピがこれじゃ下がらないですよね。

・・・・・・

「ミニの研究」
という大義名分のもとにムチャクチャな売買をしたのですが・・・

怖いですねぇ!!
含み損を抱えることが、こんなに怖いとは思いませんでした。
私たちの手法は「順張り」ですので基本的に「含み損」という状況はないんですよ。
含み損になった時点で損切りをしちゃうのですよね。

でも本日は、玉は増えるわ含み損は増えるわ、でしょ!
こういうのは私には耐えられないですね。
やっぱりムチャクチャな売買はダメですね!!

でも、その甲斐あって今夜の飲み代は確保できました(笑)
また「ミニって使えるやん」ということもわかりましたよ。

@890
  1. 2009/10/29(木) 13:20:56|
  2. さるさる時代

9:29

先々週・先週だったかな、
「連続何日間、夜遊びを続けることができるか!?」
という企画を試してみたのですよ。

九日連続が限界でした(笑)
でも、一回出掛けると二軒はいきますので18軒から20軒くらい廻ったでしょうか。
既存のお店にボトルを四本おろして、新規のお店で一本入れて。
そう考えると、そんなに飲んでないか・・・

その他にも、中学PTAの祭りはあったりして飲む機会はアホほどあるんですよね。
そうそう、母校の出身クラブが学生日本一!に向かって快進撃を続けているのですよ。
それでゲームがあるごとにOBが集まって宴会になるでしょ。

土日は宴会だし、ウィークデイは夜遊びだし・・・
でも、大丈夫なんですよ!
L-システインとターメリックがあれば毎朝シャキッと目覚めます!!

ですから、最近の悩みは「今日は何を食べるか」ということなんです。
「寿司屋は一昨日いったし、あそこの居酒屋は昨日いったよな」
「目先を変えて中華で攻めるか、あの店で「鶏の刺身盛り合わせ」なんかもいいんじゃない」
なんて話しながら夜ごとウロウロしています(笑)

@850
  1. 2009/10/29(木) 09:29:59|
  2. さるさる時代

13:58

大逆転勝利か!?

安値070円まで。
@070安値現在
  1. 2009/10/28(水) 13:58:34|
  2. さるさる時代

13:34

やっぱりダメだ〜

@110
  1. 2009/10/28(水) 13:34:53|
  2. さるさる時代

13:29

「売れない」っていっていたのに、つい入っちゃったよ〜

@100
  1. 2009/10/28(水) 13:29:47|
  2. さるさる時代

13:19

090円から140円。

これで昨日後場と同じ動きになるのでしょうね。
つまり、売れないし買えない相場ということ。

昨日も今日も朝に50円ほど取ってるのですが、昨日後場はお昼寝タイムでした。
今日も同じかな。
せめて一日に二回は動いてほしいですね。

@120
  1. 2009/10/28(水) 13:19:29|
  2. さるさる時代

12:34

安値100円まで。

え〜そうきますか!?

「130円に敬意を表して」&「トピ前日安値キープ」
なのでマルで前引けを迎えたのですが・・・

@110
  1. 2009/10/28(水) 12:34:29|
  2. さるさる時代

10:06

安値130円まで。

トピが粘っていますね。
前日安値タッチまでです。

逆に、225は現物が下落を先導してくれていますので売り安心感がありますね。

@140
  1. 2009/10/28(水) 10:06:51|
  2. さるさる時代

9:33

叩け〜!!!

トピ!ついて来い!!

安値160円
@160
  1. 2009/10/28(水) 09:33:45|
  2. さるさる時代

9:26

「今日のチャート」でお話をしましたように、100円台には多くの支持線が存在します。
つまり「非常に固い支持価格帯」であるといえますね。
その存在を背景にして、190円寄り付きを否定し200円台に戻ろうとしているのでしょう。

ただ、本日の安値180円から130円割れまではスッと走ることも可能です。
そうなってしまうと、「固い支持価格帯」が「固い抵抗価格帯」に変化します。

今日は非常に面白い攻防になりそうですね。

@200
  1. 2009/10/28(水) 09:26:28|
  2. さるさる時代

14:41

本命から穴まで、全部はずれ(笑)

@260
  1. 2009/10/27(火) 14:41:17|
  2. さるさる時代

14:26

「スクウィーズにはならない」どころか、じぇんじぇん戻さないですね(笑)
逆に、引けに掛けてドスンの可能性のあるチャートになってきました。

本命 ヨコヨコ
対抗 下ドスン
穴  チョイ戻し

@230
  1. 2009/10/27(火) 14:26:55|
  2. さるさる時代

13:30

250円以降の「再下落開始」がヌルいですね。

反発の可能性が出てきました。
しかし、この動きだとスクウィーズにはなりません。

@220
  1. 2009/10/27(火) 13:30:55|
  2. さるさる時代
次のページ

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI