ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

14:51

先物のデイトレでも個別銘柄のポジショントレードでも同じなんですが・・・

皆さん、勉強をしてトレードが上手になろうとされていますよね。
いくつかのセオリーも身に付けて、得意なパターンも確立されてきて・・・

「うーん・・・この動きやったら下がるよなぁ」
「770円760円を割ったら下には何にもないよなぁ」
「60分足も15分足も下を向いているよなぁ」

で、クリックしましたか?(笑)

下で長々とお話しをしたワールドカップなんてどうでもいいんですよ。
貴方は全力で相場に取り組んでますか?
貴方はサボっていませんか??
エントリーをしたからといって必ず利益を得ることが出来るということではありませんよね。
敵陣までダッシュで走っていたら、味方が相手にボールを奪われてしまい、またダッシュで戻らないといけない場面も多々あるでしょう。
でも、フォワードは走らないといけないんですよ。
そして、私たちはクリックしないといけないんですよね。

当てずっぽうでやっているんだったら私もこんなことは言いません。
私たちは裏付けのある戦略をもって売買に臨んでいますよね。
「必ず儲かる」という戦略です。
しかし、損切りになることも多々ありますよね。
だからといって「今度も損切りになるかもしれないから」といってエントリー自体をやめてしまうというのは「サボっている」と言われても仕様がないのではないでしょうか。

ダメだったらダッシュで守備に戻ればいいんですよ。
ダメだったら損切りをすればいいんですよ。

そりゃ、しんどいしキツイですよね。
でも、だからこそリターンを得ることが出来るんですよ。

皆さんはサボっていませんか??
(・・・って、「河内屋に言われたくはない」はなしね(笑))

@660
  1. 2006/06/20(火) 14:51:58|
  2. さるさる時代

14:29

アメリカンフットボールでオフェンスのプレーは「電話帳ほどの厚さ」のプレーブックに書かれており、選手はプレーをする以前の問題としてそれを一つ一つ覚えなくてはいけません。
そして、プレー一つ一つはすべて
「必ずタッチダウンになる」
ようにデザインされているんですよね。
でも、ほとんどのプレーは3ヤードとか5ヤードしか進みません。
じゃあ、
「どうせ3ヤードしか進まないんだから手を抜いてもいいや」
と思ってプレーをすると、これが全く進まなかったりロスをしたりするんですよね。
オフェンスラインは
「俺が開けた穴をランニングバックが必ず走り抜けてくれる」
と思って相手をブロックするのであり、ランニングバックは
「必ずホールが開く」
と信じて密集に突っ込むのですよ。
これがチームプレーであり信頼感なんだと考えています。

ワールドカップのクロアチア戦を観ていて気づいたのですが、日本ってダレも走らないんですよね。
攻められていたがディフェンダーがボールを奪った!
こういう状況ではフォワードやMFの選手って
「俺がスペースに走れば「必ず」ボールが来る」
と信じて走り出さなければいけないのではないでしょうか。
でも、みんなパスを受けやすい位置に「戻って」きているように見えました。
敵陣に走りこんでも自分にパスがくるかどうかはわかりませんよ。
10回走っても2・3回くらいしかパスが来ないかもしれません。
あとの7回は敵陣にダッシュして、さらにディフェンスのためにダッシュで自陣に戻ってくる必要があるかもしれません。
でもね、だからといって最初から走り出さなければどうにもならないと思うのですが・・・
同じことが相手ゴール前でもいえますよね。
サイドからクロスが入っても一人くらいしかゴール前にいないですよね。
そりゃ点を取るのは無理やって・・・
「どうせ、背の高さで負けているから相手ディフェンダーがクリアしたボールを取りに行こう」
と思っているのでしょうか。
私はサッカーの戦術的なことに関しては全く知りません。
でも、アメリカンでこういうプレーをする選手は
「サボっている」
と言われて使ってもらえないんですが・・・

(続く)

610円を見て660円

@660
  1. 2006/06/20(火) 14:29:57|
  2. さるさる時代

13:31

キター!! というか間に合った〜

安値670円まで。
@690
  1. 2006/06/20(火) 13:31:39|
  2. さるさる時代

13:21

この750円からの反発が「きっかけ」になるかと考えていたのですが・・・
ダメみたいですね。

下は何にもないぞ!

@760
  1. 2006/06/20(火) 13:22:05|
  2. さるさる時代

10:35

何がきっかけになるのでしょうか。

60分足、15分足は共に陰転中です。
そして「アンチ-下」が発生していますが価格は下がりません。
ということから「下はない」と考えているのですが、かといって「直ぐに買ったらいい」というものでもないですよね。
何らかの動きがきっかけとなってこのヨコヨコを脱することになるのだと思いますが、そのきっかけがナニになるのかを探っています。

@810
  1. 2006/06/20(火) 10:35:45|
  2. さるさる時代

9:49

昨日引けでの60分足が「アンチ-下」になっています。
そして、890円引けに対して790円寄り付き。
下がるならここがきっかけになり下げ始めることになります。
しかし、そうはならずにIR上ブレイク。

相変わらず、60分足は移動平均線の上限に頭を抑えられながら高値・安値を切り下げる動きが継続していますが、この状況で急落しなければ「下はない」と考えられるでしょう。

@830
  1. 2006/06/20(火) 09:49:14|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI