ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:11

結局、高値引けですか。
360円引け。

お疲れ様でした。
良い週末をお過ごしください。
  1. 2004/05/28(金) 15:11:55|
  2. さるさる時代

13:58

いい感じですね。
このままヨコヨコをキープしたまま引けてくれたらいいと思います。

でも、ヒマ・・・

@310
  1. 2004/05/28(金) 13:58:26|
  2. さるさる時代

12:50

前引けから後場にかけての値動きは綺麗だったですね。
350円まで。

これでとりあえず「高く寄り付いて更に「上」」という目標は達成されたと考えても良いでしょう。

あとはどこまで伸びるかということがポイントになりますが、あまり伸びなくてもOKです。
下がりさえしなければ日足ベースでの戻しは継続します。

その最初の関門が現在ですね。
「後場寄りで出尽くし」
というのもよくある話でして、それを狙った売り物がでている模様です。
これを凌げば下がることはないでしょう。

@310
  1. 2004/05/28(金) 12:50:50|
  2. さるさる時代

10:43

面白くない・・・
買いポジションのうち三つの先物の上昇率をアンダーパフォームしている。

でも、先物の動きは悪くないですね。
分厚い売り板にもめげることなく値を保っています。
これを見て300円の売り物もだいぶ逃げましたね。

通常、1000枚の売り物が見えていても、その全部を喰わないとダメということはありません。
買い板を分厚くすると売り物はドンドン逃げていきます。

300円の売り物も100枚を切りました。
約定した出来高から考えるとほとんどが逃げたことになります。
ここで一気に喰わないといけないのですが・・・

売り物は危ないと思って逃げただけですから潜在的には残っています。
売り物が逃げるのに合わせて一気に上昇させないと改めて出てきます。
また、300枚以上が並んでしまいました。

うーん・・・
上は買いたくないのか。
今度は逆に290円の買い物がが逃げてしまいましたね。
290ヤリ

@280
  1. 2004/05/28(金) 10:43:43|
  2. さるさる時代

9:45

日足ベースの戻しを継続させるのであれば、今日はダレてはいけない。
「高く寄り付いて更に「上」」
という展開が必要ですね。

今日は寄り前から「独り言」読者よりメールをいただきました。

「CMEは何か作為的なものを感じます。よって今日は売って売って売りまくりまっせ〜。 オーバーナイトしてもええんと違うか?勝負や・・・」

とのことです。

私も昨夜のうちに新規売り銘柄を用意してあるのですよ。
順張りですから当然下がったのを確認してから売るのですね。
ですから、今日のような日には約定することがないと思っていたのですが・・・
約定しそうです・・・(笑)
ということは、弱い銘柄はこの上昇にもかかわらず下がっているということです。

上昇相場から下落相場への転換、もしくは戻しから下落相場への転換のときには、
・強い銘柄は依然として上昇中。弱い銘柄の上昇が止まる。
・強い銘柄は依然として上昇中。弱い銘柄が下がり始める。
・強い銘柄の上昇ストップ。弱い銘柄は大きく下がる。
・強い銘柄が下落し始める。弱い銘柄はボロボロに。
・すべてがボロボロに。
というような順序で進みます。
ひょっとしたらその第一段階になっているのかもしれません。

それを覆すためにも今日はダレてはダメですね。

@270
  1. 2004/05/28(金) 09:45:08|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2004/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI