ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

14:16

セオリーどおりの動き。
今日の安値であると共に金曜の安値である400円をブレイク!

一番いいところなのにすみませんが外出します・・・。

安値380円まで
@400
  1. 2004/02/09(月) 14:16:12|
  2. さるさる時代

13:44

まだ、下げ足りない様子のチャートになっていますね。
一時半での数値は
60分足・・・「48」「44」依然陽転上昇中。
15分足・・・「23」「35」10:15の陰転からここまで下がった。

まだ、金曜と比べて下がったわけではありません。
材料が否定されて金曜の水準に戻っただけ。
下がるというのは、400、380、350という支持価格を破ってから言えることですね。
60分足も木曜金曜の動きを否定するチャートにはなっていません。
15分足も同じで青線に支えられて、かろうじて息をしています。

やはり、叩いたからには息の根を止めるまで叩かないと効果が半減するどころか、逆に「下値は硬い」という印象さえ与えてしまいますので、350円を割って60分足が完全に陰転をするまで手を止めてはいけませんね。

@430
  1. 2004/02/09(月) 13:44:32|
  2. さるさる時代

12:46

朝に今後上昇した場合の抵抗線について書きました。
それによると、一番近い抵抗線が15分足の650円辺りでしたね。
抵抗線にぶつかって値動きが止まるというのは「普通」なんですよね。
問題となるのは、今回のように抵抗線までも上昇することなく止まってしまうことです。
590円という価格には何にも意味はないんですよ。
少なくとも、650円までは真空地帯だったのです。
でも、止まってしまった・・・

この意味がわかっていた方はこの下落を取っておられると思います。
練習生の皆さんはどうだったかなぁ・・・

@420
  1. 2004/02/09(月) 12:46:41|
  2. さるさる時代

10:42

10時半で15分足が陰転しました。
しかし、これくらいの下落では60分足は影響を受けず。
520円以降は五分足ベースでの戻しになる動きですが、これが弱い戻しだと本格的に売られることになります。
そうなってしまうと、60分足が低い位置で陰転することになりますので木曜の安値350円を割り込む動きに繋がりますね。

今日から二人の子供たちがやっと登校しました。
久しぶりに静かだ・・・

@530
  1. 2004/02/09(月) 10:42:20|
  2. さるさる時代

9:49

一応、590円で材料は消化したと考えてよいと思います。
590-530というIRのブレイクに注目が集まるでしょう。

この590円という数値をチャート上で検証してみますと・・・。

日足--  移動平均線の帯の下限に下からタッチしたところ。
     上には帯の上限(760円)、赤ライン(860円)などの抵抗が控えています。
60分足-- 移動平均線の帯の真ん中辺り。
     帯の上限は730円辺りにあり、その遥か上に青・赤ラインがあります。
15分足-- 移動平均線の帯と青ラインを上にブレイク。
     赤ラインは650円。これが最初の抵抗線になりますね。

ということで、現在の高値590円に大きな意味はなく、650円以上にならないと話が始まらない状況。
逆にいうと、590円辺りでウロウロしているようでは「下」を向くのは時間の問題という状況でもあります。

@550
  1. 2004/02/09(月) 09:49:08|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2004/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI