ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:11

引けは950円でした。

お疲れ様でした。
  1. 2003/12/10(水) 15:11:15|
  2. さるさる時代

15:04

出来。

面白くなーい
@920
  1. 2003/12/10(水) 15:04:56|
  2. さるさる時代

15:01

なんだよ、叩かないの???

現物が引ける前に叩かなきゃ。
10円で指値中
@910
  1. 2003/12/10(水) 15:01:53|
  2. さるさる時代

14:37

長文のメールを打っていましたのでほとんど相場を見ていませんでした。
でも、900円を売りました(笑)

さあ、ここからは叩いてもいいですよ。
というか、

叩け!!!!!

@890
  1. 2003/12/10(水) 14:38:15|
  2. さるさる時代

13:25

買い方は後場から「無抵抗主義」になったようですね(笑)

売り方の相場操縦も上手です。
「無抵抗主義」で板がウスウスになったところを嵩にかかって叩きにいくのは素人です。
戦意を喪失しているのですから、こういうときはナニもせずにほっておいたら良いのです。
「戻そうかな」という動きのときだけ頭を抑えるのですね。
そうすると、買い方自身が損切りの売り注文を出して自分で相場を下げてくれます。

相場というものは、叩きにいくと値は下がりますが反発を誘います。
そして、「下げて反発、下げて反発」という動きがリズムを生みます。
動きがリズムに乗ると、チャートやテクニカルが活きてきます。
すると、現在のような60分足も15分足もベタベタになっているというのはおかしいですよね。
リズムがあるからダイバージェンスも発生するのであって、リズムがなければどんな買いシグナルも発生しません。

朝に書いた
「値は下がっていても売り方が苦しい状況」
というのは、リズムのある相場で下げ続けるのは難しいですよ、という意味です。
今日のようにダラダラと下げるのであれば、いつまで下げ続けても「売られ過ぎ感」は生まれません。
「売られ過ぎ感」で戻すのであれば、とっくの昔に戻しています。

一時間に-50円くらいのペースで下げ続ければ、引けまで戻すことはありませんね。

安値860円まで
@870
  1. 2003/12/10(水) 13:25:57|
  2. さるさる時代

13:01

入院保険ってテレビでがんがんコマーシャルをしているでしょ。
「一日、一万円保障」
なんていって。
でも、普通の健康保険だけで、どんなに高額の医療行為をしても月に七万以上は掛からないんですって。
知っていました?

ヒマを持て余していたところに、飛んで火にいる夏の虫。
大学時代からの一番の親友が訪ねてきました。
彼は外資系の保険会社に勤めています。
営業なんですが管理職となっており保険を集める必要はありません。
昼食を取りながらその彼と話をしていたのですが、その中で出てきたのが上記の件です。

私などは国民健康保険ですが、例えば入院手術をして100万かかっても500万かかっても93万、493万はのちに健康保険から返ってくるらしいです。
大会社にお勤めの方などは会社の健康保険もありますので、月に一万円ほどの負担で済むそうですよ。

とすると、あんな保険は無意味ですよね。
まあ、その一万円で差額ベットの個室に入るっていうのであればわかりますが・・・。

  1. 2003/12/10(水) 13:01:14|
  2. さるさる時代

10:32

朝からヒマです・・・。
動き始めるまでは、
「あーでもない、こーでもない」
とチャートとにらめっこしなければいけませんが、一旦トレンドが発生してしまうとやることがないんですよね。
ポジションと逆の動きであれば損切りするだけ。
ポジションの方向であれば「見てるだけ〜」

幸いにも現在はポジションの方向にトレンドが発生しています。
そして、今後二週間からひと月強はこの動きが継続するのですから、その間はずっとヒマです・・・。

安値890円
@910
  1. 2003/12/10(水) 10:32:14|
  2. さるさる時代

10:02

DJIが100ドル上昇したときに、大阪引け値070円→CME140円
DJIが40ドル下落したときに、大阪引け値120円→CME010円
現在の相場を表している価格の動きですね。

あっさりと大台割れです。
15分足は「39」「58」
陰転したところで「売られ過ぎ感」はまったくありません。

ただ、今日の窓に対しては「うーん・・・」という感じで見ています。
もう一日、いえ、もう半日で良いから調整を継続して欲しかったです。
いくらなんでも調整不足といえるでしょう。
調整不足なのですから下がっても息切れすると場面が出てきます。
しかし、息切れは許されないのです。
この動きを受けて60分足が陰転してしまうと、フラットボトムを形成することになります。
「ストキャで一番弱い形状であるものの、一旦出尽しとなる動き」
であるフラットボトムです。
フラットボトム完成からの戻しを防ぐには走り(下がり)続けるしかありません。
60分足のストキャがその限界を超えて10以下にベタベタに張り付くまで下がり続ける必要があるのですね。
これは辛いですよ、売り方にとって。

今週後半は、
「値は下がっているものの売り方が追い詰められている状況」
になるのでしょう。
@960
  1. 2003/12/10(水) 10:02:49|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2003/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI