ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:11

引け成りにしたら良かったのか!!!!!
510円引け。

フラッグの下限で引けた。
明日はブレイクで始まるのか。

お疲れ様でした。
  1. 2003/10/09(木) 15:11:42|
  2. さるさる時代

15:09

530円で一枚買い戻し。
残り一枚。
@530

540円で買い戻し。
残玉なし
@540
  1. 2003/10/09(木) 15:09:13|
  2. さるさる時代

14:52

540円で三枚利食い。
次は510円。

ドル円がまた9円飛び台ですね。
@540
  1. 2003/10/09(木) 14:52:34|
  2. さるさる時代

14:32

580円を売った。
でも、半分だけ。

きれいなフラッグを形成している。
教科書通りの動きになってきた。
明日の前場にはブレイクするだろう。
@580
  1. 2003/10/09(木) 14:32:41|
  2. さるさる時代

14:12

しっかし弱いですね。
介入か何かわからないドル円が戻したときにもほとんど反応していない。
470-590-490と下値を切り上げる動きだからチャンスなのに戻さない。

今日は昨日の下落に対する「時間の調整」の日だから仕方がないかもしれないが、あまりに弱すぎる。
ドル円が再びジワジワと下がっている現状なので、ちょっとはやる気を見せておかないと引け際にドカーンと売られることになる。
570円まで
@560
  1. 2003/10/09(木) 14:12:07|
  2. さるさる時代

13:33

ドル円 BOJ介入?
  1. 2003/10/09(木) 13:34:33|
  2. さるさる時代

13:07

500円で一枚買い戻し

ドル円の下落が激しいですね。
既に9円の飛び台が付いています。
東京で8円台になるかも。
でも株式市場が下がらないというのは、今日は下がらない日だということでしょう。

残り一枚をどうしようかな。
@500

面倒なので510円で手仕舞い。
玉なし。

@500
  1. 2003/10/09(木) 13:07:38|
  2. さるさる時代

15:50

強いですね。
ドルの続落という悪材料に反応しない。

109.07-13
@520
  1. 2003/10/09(木) 12:50:37|
  2. さるさる時代

12:32

530円で二枚買い戻し。
@540
  1. 2003/10/09(木) 12:32:16|
  2. さるさる時代

12:23

ドル円 109.13-109.18
  1. 2003/10/09(木) 12:23:10|
  2. さるさる時代

10:47

ああ、そうか。
相場は戻そうとしているのか。
でも、ドル円が昨日の安値を更新しているから戻すに戻せないのだろうね。
560円で三枚買い戻し。
@560

ドル円 @109.38-109.43
  1. 2003/10/09(木) 10:47:58|
  2. さるさる時代

10:40

50円で1枚1枚1枚と買い戻し。
@560
  1. 2003/10/09(木) 10:41:03|
  2. さるさる時代

10:37

下がれへん・・・
うーん・・・

@550
  1. 2003/10/09(木) 10:37:10|
  2. さるさる時代

10:27

寄り後の高値を抜いて590円まで。
しかし、メガバンクは寄りあとの高値を更新していない。

570円で売りました。
@570
  1. 2003/10/09(木) 10:27:28|
  2. さるさる時代

10:04

560-470-560という動き。

下の続きのようになりますが今日の動きが典型的なものです。
530円で寄り付いて560円までありましたが、昨日のトレンド(下落)に沿って470円まで下げてから上昇していますよね。
このように多かれ少なかれ昨日のトレンドに沿った動きというのはでるものです。
また、これが「下値の確認」ということでもあります。
「下がったけれども昨日の安値470円を割らなかった」
というのを確認したからこそその後の上昇に繋がったのですね。

今度は逆に560円を試しているという状況です。
寄り後の高値560円での抵抗が強いのか弱いのか。
それを突破する時の買い注文の入り方はどうか。
こういうことを観察してその後の対応を考えるのですね。

現時点では560ヤリが100枚以下になっても喰いに行かない。
ということは、「強い動きではない」ということになります。

@550
  1. 2003/10/09(木) 10:04:22|
  2. さるさる時代

9:36

河内屋の法則によって550円で売って500円でサクッと買い戻して50万の儲け。

・・・とうまくできる筈もなく見てるだけ。
「なぜ、昨日は買ったのに今日は売らないんや」
というメールをいただきそうなので、先にお答えしておきますと・・・

明確な基準はない。

というのが答えになります。
前日のトレンドの強弱を数値化しているわけでもありませんし、引け値と寄り付きとの価格差で統計を取ったわけでもありません。
単純に「感覚」だけのものです。
ただ、ある程度大きな価格差は欲しいですね。
何回も書いていますように「トレンドの転換」というのは皆さんが考えていらっしゃるよりも少ないです。
そして、その「トレンドの転換」のきっかけがNY市場の値動きであることはほとんどありません。
もっといえば、寄り付きでトレンド転換することはありません。
トレンドが変化するのは場中に限られます。
例えば、新高値を更新して引けた銘柄が翌日売り気配から始まってそのまま新安値まで売られ続けるということはありませんよね。
寄り付きではほとんどがトレンド継続の動きとなるのです。

引け値と寄り付きの価格差が大きいほど、また前日のトレンドが強いほど、その価格差を修正しようとする心理が働きます。
それを利益に結び付けようとするのが「河内屋の法則」です。
でも、これは私だけのものではなくやっている方も多いと思いますが・・・。

あー、やっぱり売っといたら良かったのか。
470円まで
@480
  1. 2003/10/09(木) 09:36:32|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2003/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI