ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:11

ゴチャゴチャしたものの160-070を破ることはできずに110円引け。

今週もお疲れ様でした。
良い週末をお過ごしください。
  1. 2003/05/16(金) 15:12:02|
  2. さるさる時代

14:30

動きまへんなぁ。

225先物の場合は、
・丸代金・・・約800万円
・証拠金・・・約50万円 (一枚あたり)
・証拠金率・・約6.25%

東京工業品取引所のガソリン先物の場合は、
・丸代金・・・約240万円(先限)
・証拠金・・・105000円 (一枚あたり)
・証拠金率・・約4.4%

レバレッジがガソリンの方が高いのはリスクが大きいともいえるが、一枚あたり10万円からできるのは魅力。

225先物の場合は、
・大台・・・・・・8000円台
・今日の値幅・・・80円
・値幅に対する大台の割合・・・1%

ガソリン先物の場合は、
・大台・・・・・・24000円台(先限)
・今日の値幅・・・180円
・値幅に対する大台の割合・・・0.75%

今日は225もガソリンも動いていない日。
ガソリンの方が225よりも動いていないといえるが、両方とも一ティックが10円であることを考えれば、ガソリンの方がやりやすい。

225先物の場合は、
・手数料・・・4000円。
・丸代金に対する割合・・・0.05%
・今日の値幅に対する手数料の割合・・・5%
ガソリンの場合は、
・手数料・・・500円
・丸代金に対する割合・・・0.02%
・今日の値幅に対する手数料の割合・・・2.78%

225先物と比べてガソリンは手数料が圧倒的に安い。
丸代金に対する割合を225先物に当て嵌めると、一枚あたり往復で1600円ということになる。

225もガソリンも10円動くと利益になる。
それでは80円しか動かないよりも180円動くほうが、特に日計りはやり易いのは当然。
225もガソリンも、なぜ値が動くのかということはわからないのだから・・・。

東証も大証もうかうかしていたら商品に客を取られるよ。

・・・と、長々と書いていても動かなかった。
@120
  1. 2003/05/16(金) 14:30:32|
  2. さるさる時代

12:36

昨日の安値が後場寄り直後の070円。
そして、細かいジグザグはあるものの、ずっと調整(戻し)波動に入っている。
丸一日経過して90円しか戻すことができなかったとしてもこれは戻し波動だ。
ということは、これは「時間の調整」と考えてもよいと思う。

短い15分足のストキャは%Dが「71」まで上昇してから前引けで陰転した。
「時間の調整」も終わりを告げようとしている。
@100
  1. 2003/05/16(金) 12:36:59|
  2. さるさる時代

10:22

とりあえずIRの150円はブレイク。
昨日の後場の瞬間最大風速160円まで。

15分の15分足は「65」「55」
過熱感がないどころか・・・。
@130
  1. 2003/05/16(金) 10:23:53|
  2. さるさる時代

9:38

昨日も書いたと思うが(書いたっけ)昨日の13時に15分足が陽転した。
そして、15分足はそのまま上昇を続けている。
9時半では「47」「34」

60分足は「18」「21」
これは「なかなか」の数値。

IRは150-080。
だが、昨日の後場の高値安値、160-070を重視した用がよいと考えている。
@130
  1. 2003/05/16(金) 09:38:37|
  2. さるさる時代

9:08

昨日の引け値130円。
CMEの引け値160円。

で、120円寄り付きだがこれは昨日の引けのインチキを修正しただけ。
100円で寄り付いたと考えた方が良い。

昨日の後場から続く070円の攻防がポイント。
@100
  1. 2003/05/16(金) 09:08:34|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2003/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI