ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:14

お疲れ様でした。
今週もたくさん儲けましたか?

ゆっくり休んで来週もガンバって儲けましょう。

引けは360円でした。
  1. 2003/02/28(金) 15:14:27|
  2. さるさる時代

15:05

ストキャに限らず、異なったタイムフレームのテクニカルを使っていると長い指標と短い指標の方向が異なることは良くある。
それがいちいち綱引きになるというものではない。

移動平均線をお考えいただくと分かりやすいと思う。

・下がってきた価格が上昇に転じる。
・まず、短い移動平均線が陽転する。
・遅れて長い移動平均線が上昇に転じる。

これが普通。
短い方が早く反応するがダマシも多いということ。
長いのは反応が遅いがダマシは(短いのに比べると)ダマシが少ない。

どれではこういうのはどうだろうか。

・下がってきた価格が上昇に転じる。
・まず、短い移動平均線が陽転する。
・遅れて長い移動平均線が陽転する。

ここまでは普通どおり。
その後、

・短い移動平均線が下落し始める。
・しかし、長い移動平均線は上昇を続けている。
・短い移動平均線が再度上昇に転じる。

短い移動平均線が下落し始めると通常はそれを追いかけて長い移動平均線が下落に転じることになる。
しかし、長い移動平均線が上昇している間に、短いのが再陽転してしまった。
ということは、短い移動平均線の陽転はダマシであったと考えられる。

価格の動きを文章にすると、
「価格が上昇中に浅い押し目があった。その押し目に反応して短期移動平均線は陰転したが、押し目終了と共に再度陽転した。
その間も長期移動平均線は上昇を続けており、上昇傾向には変化がなかった。」
ということになりますね。

今回、ストキャの綱引きのことを書いたのは、上に書いたようなことが起こっていたから。
15分足のストキャは昨日の12時45分に陽転していた。
それに遅れて60分足のストキャが陽転したのは昨日の二時半。
その後、15分足は本日の9時45分に陰転したが60分足は陽転上昇のまま。
反応が遅い60分足が遅れて陰転すると「普通」。
しかし、今回は60分足が陰転することなく15分足の方が陽転してしまった。
ということにより、15分足の陰転はダマシ、もしくは押し目であったのではないかと考えたのですよ。

文章にするとややこしいですが、実際にはよくある動きです。

・・・・・・・・・・・

もう、今週もおしまいですね。
引けにかけて330円までの下落があるも持ちこたえて360円。
@360
  1. 2003/02/28(金) 15:05:20|
  2. さるさる時代

14:23

2時15分で15分足が陽転!
%Dの最小値は「26」
弱くはない。
@370
  1. 2003/02/28(金) 14:23:15|
  2. さるさる時代

13:49

450円が寄り天となって320円まで下落。
そして、360円現在。

まだ、60分足と15分足の不一致が続いている。
60分足は、1時半で「52」まで上昇している。
15分足は「28」まで下落している。

どちらが勝つかということがとても重要。
60分足が勝って15分足が陽転すると、
「320円までの下げは270円の安値に対する下値の確認だった。」
ということになり、下値を確認したことによって上昇波動に移る。

15分足が勝つと、今後270円そして230円を目指して下落をすることになる。
60分足の%Dが「50」を超えていることから「売られすぎ感」は感じられなくなっており、新たな下落波動に入ったと考えられる。

今のところは60分足が優勢だが、上でも書いたように%Dは既に「52」である。
60分足が勝ったとしても上値は限られる。
ということから考えると、
「ちょうどよい調整」をした、ということになるのか。

@350
  1. 2003/02/28(金) 13:49:43|
  2. さるさる時代

12:53

すみません。

こういう展開はまったく考えていませんでした。
後場寄りからドスンときて330円まで。

前引け段階で60分足の%Dは「39」で上昇中。
45分の15分足の%Dは「45」で下落中。

そりゃ、15分足は9:45に陰転していたし、%Dの最大値は「81」だから
「弱い動きでの戻し限界」
を示していましたよ。
でも、ここで戻さなかったら一生戻すところがないっていう日ですよ今日は。
それが「戻しが鈍い」ではなく「下げる」とは・・・。
これで60分足が陰転したらどうなるんだろう?

@330
  1. 2003/02/28(金) 12:53:37|
  2. さるさる時代

10:38

利食いっていうのはセンスですね。
感覚に負うところが非常に大きい。
私の場合、エントリー(建ち玉)は機械的にできるがEXITは感覚に頼るところが大きい。
といっても順張りであるから、
「買い戻したい。どうしても買い戻したい!」
と思っていても実際に値が上がらないと買戻しができない。
これにずいぶん助けられています。

私の判断(相場観)   価格の動き

   上          上   ・・・買戻し成立
   上          下   ・・・持続
   下          上   ・・・買戻し成立
   下          下   ・・・持続

こういうことですね。
私が下がると思っていても上がると思っていても、価格はそれに関係なく動きますよね。
(たまには私の声も聞いてほしいものですが。)
ですから、私の考えとは別のところで手仕舞いができるシステムが必要になります。
それが順張りなのですね。
ですから、順張りは「価格至上主義」ともいえます。

相場観のない私には「これしかない!」っていうほど適した手法だと思っています。

しかし、こんなに弱いとは思ってもみなかった・・・。
@390
  1. 2003/02/28(金) 10:38:17|
  2. さるさる時代

9:28

メルマガにも書いたが、今日のポイントは480円490円。

このチャートからは本日「必ず」このポイントを抜いてこなくてはいけない。
しかも、ただ抜くだけではなく「強い動き」で抜かなくてはいけない。
抜かない・・・なんてのは論外。

昨日のメルマガでは、
「売り継続だぁ!!!」
と叫んでいましたが、会員メールでは一転してストップポイントを下げてしまいました。
「弱虫」と呼んでくださって結構です(笑)
だって、昨日検出された売買候補銘柄をみていたら買いシグナル発生の銘柄がすごく多いんですから。
ただ、各銘柄のリズム(波)によってストップポイントの変更に変化をつけていますので一気に買戻しとはならないと思っていますが・・・。

440円で寄り付いて450円から410円。
410円から400円に安値が変わった。
@420
  1. 2003/02/28(金) 09:28:58|
  2. さるさる時代

15:11

高値引け!

390円で引けました。
  1. 2003/02/27(木) 15:11:59|
  2. さるさる時代

14:51

400円を目指す動きに入っている。
今のところ380円まで。
二時半現在の60分足はまだ陰転中で%Dは「9」まで下げたあと2時半では「12」
15分足の%Dは「72」(2時45分)
これは12時45分に陽転して上昇中。

400円を取るのか、そして430円は?
@360
  1. 2003/02/27(木) 14:51:29|
  2. さるさる時代

14:21

ちゅーと半端なところで止まっている。
ここから引けにかけて、昨日の後場高値の400円を目指すのか今日の前場の安値270円を目指すのかまったく分からない。

チャートのリズムから言うと戻す動きでよいと思うのだが・・・。
今日は本来戻すリズムになっていたのだが前場で強引に下げた。
そのため、60分足でフラットボトムが二回連続する形になっている。
最近では見たことのない珍しい形である。
以前から書いている通り、相場にはリズムがあり「下げる-調整-下げる-調整」と進んでいかないと無理が生じてそのツケをいつか払うことになる。

今回の「調整不足」にもかかわらず「異常に」弱い60分足の動きが払わなくてはいけないツケが小さなものであることを祈っている。

短い足である15分足は%Dが「55」まで上昇している。
上なのか下なのか、まったく分からない。
@330
  1. 2003/02/27(木) 14:21:39|
  2. さるさる時代

13:24

昨日と同じで、売り方としてはまだまだ下がると思っていても目の前でポンと跳ね上がるのを見せられると売りにくくなるもの。

特記事項なし。
@310
  1. 2003/02/27(木) 13:25:01|
  2. さるさる時代

12:46

「後場寄りでドカーンと下げるやろうから、そこで一旦利食いをしとこか。」
そう考えて出てきた買い注文が案外まとまってしまい300円で寄り付いた。
「ありゃりゃ」
と慌てた人が成り行きで買い戻した。

こういうことでしょうか?
あるいは買い支えか?
@310
  1. 2003/02/27(木) 12:46:13|
  2. さるさる時代

10:49

まったく戻さないまま50分になろうとしている。
ここから仕掛けるか、後場寄りまで待つか。
どちらにしてもこのまま終わることはない。
@280
  1. 2003/02/27(木) 10:49:54|
  2. さるさる時代

10:18

すみませんでした。
下がらないなんていうのはまったく見当違いでしたね。

200円円台に突入して270円までつけて下落中。
もう支持線は230円しかない。
しかし、強引ですね。
過去の60分足チャートをご覧いただければお分かりのようにストキャがこの形から更に下落するという例はありません。

http://genbey.hp.infoseek.co.jp/13-1.htm

一旦、%Dが「50」以上まで調整してからという条件ならば通常の波動であると考えられますが、「調整不足」でありながらここまで弱い動きをするというのは私の記憶にありませんね。
270円までの急落でとりあえず止まって、利食いタイムになっている。
目先の利食いだけに終わってしまうのかそうではないかによってこれからの動きが変わってくる。
30分ほど休憩して、前引け間際から再発進となるのが普通だが・・・。
@290
  1. 2003/02/27(木) 10:19:05|
  2. さるさる時代

10:00

IRの下限で昨日後場の安値である330円を下にブレイク。
うーん、走り出すのかなぁ。
次の目標は目の前の310円(一昨日の安値)
@320
  1. 2003/02/27(木) 10:00:42|
  2. さるさる時代

9:22

今日は下がらないと思うけどなぁ。
まずはIRブレイクに注目しましょうか。
@350
  1. 2003/02/27(木) 09:22:30|
  2. さるさる時代

15:11

380円引けでした。

まあ、こんなもんでしょう。
  1. 2003/02/26(水) 15:11:28|
  2. さるさる時代

14:59

これで明日は下がらないチャートになっちゃったような・・・。

一時半の330円から400円までの上昇ね、こういうのがあとで効いてくる。
高値を取らなくてもいい。
「70円くらいだったらすぐにでも上昇させられるんやぞ」
という意思表明であり、こういうのを見せられると売りにくくなってくる。
こういうのがボディーブローとなって相場が転換するっていうのもよくあること。
今日はこのままだろう。
@360
  1. 2003/02/26(水) 14:59:37|
  2. さるさる時代

13:50

上は前場の430円二回で止まって、今度はIRの下限であり今日の安値でもある420円に挑戦している。
でも、15分足という短い足においても%Dは「41」に過ぎず、下げ余地は十分にある。

二週間ほど前はNYが上げても下げてもDJIに対してCME225が強い動きをしており、そして、東京市場、大阪市場でも上値を買う動きが出ていた。
ちょうどドイツ証券が強気になって買っていた頃。
それに比べて、最近はDJIが下げたら下がるし、上げても下がる。
少しの期間でセンチメントの変化が激しい。

チャートから見ると今日は安値を割らずにチョット戻して引けるのではないかと思う。
しかし、そういう動きになってしまうと明日は上昇するチャートになる。
やはり、8000円を割るにはNY市場の崩れという材料が必要となるようだ。
「調整不足」がこんなところにまで影響している。
@340
  1. 2003/02/26(水) 13:50:24|
  2. さるさる時代

12:47

なんとか我慢してくれたのか?
でも、各チャートの波がバラバラの動きになっている。
非常に読みにくい。
こういうときにとんでもない動きになることが多いんだよなぁ。
なんか嫌な感じ。
@380
  1. 2003/02/26(水) 12:47:33|
  2. さるさる時代
次のページ

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2003/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI