ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:14

やはり無理筋だった様子。

330円で引けました。
  1. 2003/01/29(水) 15:15:01|
  2. さるさる時代

15:04

さあ、現物が引けた!! 仕掛けようぜ。

でも、短い足(15分足)でも調整というほどの調整はしていないから無理だろうね。
15分足だったらせめて「50」くらいまでは戻しておかないと、調整不足であとが続かない。
今日はそんな感じ。

今頃、ソニーの決算が出ているのだろうね。
@310
  1. 2003/01/29(水) 15:04:34|
  2. さるさる時代

14:45

300円まで。

60分足の%Dは「6」!!で下落中。
15分足は「16」まで戻した後、陰転。

勢いがあるからだろうが、
15分足で「7」から「16」までの戻ししかないのにもかかわらず新安値を取りにいく、
というのはいかにも無理筋。
しかし、これが通用してしまうほど「弱い」ということなのでしょう。

@300
  1. 2003/01/29(水) 14:45:35|
  2. さるさる時代

14:11

昨日の戻り高値580円から320円まで一直線に下落して(下落幅260円)、370円まで50円の戻しで終わるのか?
これでは「戻し」ともいえない。

60分足の%Dは「8」で一桁が続いている。
これで完全に「フラットボトム」を形成しており、「非常に弱い」ということを意味する。
15分足は「7」まで下げたあとに陽転しており、「売られすぎ感」を冷ましているところ。

現在のように50円の戻ししかなくヨコヨコ(時間の調整)を続けていると、二時半からが恐怖の時間帯になってしまう。
NYが完全に潰れており、昨日の戻しも弱い戻しだったので
「今日下げたら・・・」
と考えると、怖くて買うことなどできない。
@360
  1. 2003/01/29(水) 14:11:19|
  2. さるさる時代

13:01

350円まで。

タガが外れた、というところか。
昼のNHKでブッシュを見たけれど、特に材料となることが出たとは思えないが・・・。

特にコメントはない。
  1. 2003/01/29(水) 13:02:17|
  2. さるさる時代

11:01

420円が付いて安値更新。
いつものダラダラ下げに戻ってきた。
この下げ方は久しぶりやね。

10時で60分足の%Dが一桁になり、続いて15分足も一桁になった。

すごい!!
420円から410円。

指数がこの数値を示しているにもかかわらず下げ続けるというのは、相当弱いことになる。

大切なのはこれだけ弱い動きをしていて、
「これ、売られすぎなんじゃないの」
と思えても、まだ、日足のストキャは「60」台にあるということ。
昨日陰転したばかり。
だから、ここから「下げ始める」というのが正しい見方。

400え〜ん!

デイトレやスウィングの方にとっては下げすぎかも知れないが、ポジショントレードにとっては「始まり」。
同じチャートを見ても、その手法やタイムスパンによって行うべき売買は変わってくるし、変わってこなければいけない。

お断りをしていても、読者の方からメールをいただくことがある。
「○○はどうでしょうか。安くなっておりそろそろ買い場かと思うのですが。」
こういう質問は新聞などにも載っていますね。
しかし、デイトレとして考えると「売り」、スウィングトレードでは「買い」、ポジショントレードでは「売り」となるかもしれません。
また、デイトレの順張りでは「売り」だけど、デイトレの逆張りでは・・・。

お分かりになると思います。
一人一人の「時間の感覚」、「手法」などによって取るべき行動はまったく違ってくるのです。
それに付け加えれば、「許容できる損失」、「他のポジション」、「目指している利益」なども考えなければ答えは出てきません。

ということは、まず自分の「時間の感覚」ほか上に書いたようなことをしっかり把握していないと話にならないということになるのです。

皆さんは、自分の「時間の感覚」「手法」「価格変動の感覚」「一銘柄での許容最大損失」「ポジション全体としての許容最大損失」などを把握していらっしゃるでしょうか。
一度、紙に書き出してみてください。
これらを考えながら売買をするだけで成績はグーンと上昇すると思います。

「ちょうどじか〜んとなりま〜した〜〜」

引けは410円でした。
  1. 2003/01/29(水) 11:02:14|
  2. さるさる時代

9:46

NYは反発しなかったですね。
値を上げているのですから「反発」でもよいのですが、私は「反発」というよりも
「とりあえず、利食いしといたろか。」(なぜ大阪弁?)
という買戻しだけしか入らなかったという感じで見ています。

CMEの引け値540円に対して大阪の寄り付きは530円。
これが高値となって480円という動きをしています。
いよいよ、自由落下を始めたのでしょうか。

470円。

これまではDJIが150ドル下落してもCME225は「変わらず」とか、大阪でも先物が異常に強い動きをしていました。
会員メールでも書きましたし、この「独り言」でも「無理をしてもつけが回ってくるだけ」と書きました。(書いたっけ?)
昨日までは、先物を支えているような動きを感じていましたが今日は素直な動きをしていると思います。

ということから「自由落下」になったのか? と書いたのです。
そうだとすると、これまで支えていた買い物の投げも出てくることになり、大きな下落に繋がることになりますね。

・・・・・・・・

「よっしゃ、そしたら売りまくるぞ〜!!!」

ちょっと待ってくださいね。
昨日の引けで60分足の%Dは「10」
今日の九時半で15分足は「23」です。
(昨日の後場に「61」まで戻していた。)
この15分足の%Dは早々一桁になると考えられます。
そうすると、60分足、15分足ともに「一桁」になってしまいます。
いくら弱くても、ここからドッスーンという下落は考えにくいです。

今日はチョロチョロでいいと思っています。

460円。

今週はチョロチョロと戻しながら「調整」をして、来週にドッスーン。
今のところはこういうシナリオを考えています。

450円まで入った。
待ってはくれないのか?

@460
  1. 2003/01/29(水) 09:46:39|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2003/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI