ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:16

ぎゃー!という割には下がらず、580円まであって590円。
  1. 2002/10/31(木) 15:16:47|
  2. さるさる時代

14:59

うーん。
下がらなかったが戻しきれず、というところか。

こうなると現物が引けてからが怖い。
さあ引ける。
@610
  1. 2002/10/31(木) 14:59:33|
  2. さるさる時代

14:31

相変わらず、戻しが鈍い。
560円のあと1時間以上かけて640円までも戻すのが精一杯。

・・・先が思いやられる。

希望的観測としては・・・。

ここから引けにかけては新安値を狙ってくるのが当然の動き。
だから、その時に踏みとどまることができれば、やや戻すということも考えられる。
書いているうちに600円まで落ちてきた。
買い方にとってはここが踏ん張りどころで、この場合は押しが少ないほど650円を付ける可能性が上がる。
そして650円を付けることができれば、やや局面が変わるということになる。
@610
  1. 2002/10/31(木) 14:31:27|
  2. さるさる時代

13:03

前回の安値580円が風前の灯。
600円まで。

また、ここで止まって上昇するとお笑いなんだけど・・・。
動きを見ていると止まる動きではない。
580円を割った場合はこれまでの4回(だったと思う。)の下値切り上げが崩れてしまうことになる。

昨日、散髪にいってきたんですが短く切りすぎて大工の棟梁のようになってしまいました。
以前、会員の方から「河内屋さんのイメージは『じゃりんこ・ちえ』に出てくる『てつ』(ちえちゃんのお父さん)だ。」といわれて、ややショックを受けたのですが、今は自分でも『てつ』に似ているんじゃないかと思います。

「暇やから、やくざどつきに行こ。」

580円まで。
前回の安値と面。

@590
  1. 2002/10/31(木) 13:04:30|
  2. さるさる時代

10:29

よくないなぁ。
戻しが悪い。640円のあとは690円までしか戻さない。

うーん、8月に続いてまた騙されたのか?
「騙されやすい私」
@660
  1. 2002/10/31(木) 10:29:47|
  2. さるさる時代

9:51

660円。

ちょっときつくなってきた。
640円。
今日はさすがに出来高が多い。

「まあ、580円まででとまってくれたらいいや。」
なんて思っていると止まらなくなるから真剣に止めにいくことが必要。

@660
  1. 2002/10/31(木) 09:51:18|
  2. さるさる時代

15:11

ふー。
何とかボロボロになるのだけは免れた。

どうなのかなぁ。840円かぁ。微妙なところやね。

・・・と思っていたら780円まで上げている。
90エーン。
なかなかヨイ。
こうなったら810円で引けろ。

という願いもむなしく780円で引けました。
でも、なかなかでした。
  1. 2002/10/30(水) 15:12:26|
  2. さるさる時代

14:43

くー、芸が細かいねぇ。

なるほどなるほど。
一瞬30円を付けておいて、それを「ダマシ」にするという作戦ですか。

730円から770円までの戻し。
@760
  1. 2002/10/30(水) 14:44:15|
  2. さるさる時代

14:05

ぎゃー!

740円まで。
これは前場の押し目底と同値。
この740円が限界の値。

今日はきれいなチャートになっているので第五波動目突入を期待しているのだが欲目なのか。

「ダレが奥目やねん。」 岡八郎

@750
  1. 2002/10/30(水) 14:05:56|
  2. さるさる時代

13:39

もう、焦らなくていいよ、ってやさしくいっているのに〜。

焦って二回目の840円チャレンジに失敗して770円まで下げた。
じわーっといきましょう。
ここで止まっておれば、チャートが崩れることはない。

@790
  1. 2002/10/30(水) 13:40:15|
  2. さるさる時代

12:57

理想的な展開。
1時までに790円を抜いてほしかったが願いがかなった。
840円まで。

この値を見て初めて「昨日のヨコヨコは一昨日の上昇に対する時間の調整だった。」ということがいえるようになたということ。

しかし、60分足の不自然な動きを消すにはもう少し高値が欲しいところ。
900円台まであと60円。
あまり焦らずに、ゆっくりと歩んでいこう。

@810
  1. 2002/10/30(水) 12:57:49|
  2. さるさる時代

10:54

高値790円まで。
一昨日の高値と面。

高値のあとは740円まで押しているが、前場はこのまま引けてくれたら御の字。
ただ、後場には必ず790円を抜かなくてはいけない。
それも早い時間に。

「下も硬いが上も硬い。」っていうのは無しにしましょうね。
@750
  1. 2002/10/30(水) 10:55:00|
  2. さるさる時代

10:11

高値は730円まで。
これは昨日の後場の高値と面合わせである。
15分足では%Dはまだ「40」台。上昇余地は十分にある。

しかし、60分足のチャートを考えるとこんなところで止まっている場合ではない。
買い方はどうしても今日中に900円台に持っていかなくてはいけないから。
そうでないとチャートが崩れてしまう。

朝の下げで、またしても下値が硬いことを証明した。
しかし、下がいくら硬くても上に動かなければ意味はない。
今日は、「上が固いのか」ということを試す日となるだろう。
750円まで上昇。
@740
  1. 2002/10/30(水) 10:11:39|
  2. さるさる時代

9:18

CME225が745円にもかかわらず610円で寄り付いた。
すぐに580円まで下げており、あっさりと昨日の安値を割っている。
ちなみに一昨日の安値が550円であり、ちょっと前の安値が540円と、このあたりに安値が固まっている。
180円から490円、540円、550円と安値が切り上がってきている動きがここで途切れるのか。
途切れると、直近の高値が790円(一昨日の高値)、760円(昨日前場の高値)、730円(昨日後場の高値)と高値が下がってきているので大きく下げやすくなる。

しかし、580円のあとは660円(現在)まで戻している。
680円が付いた。
また、安値が切りあがったことになるのか?

わけ、わかんなーい。
@670
  1. 2002/10/30(水) 09:18:35|
  2. さるさる時代

15:15

660円までつけたが何とか安値更新は免れた。

引けは680円。

今日の動きはなんだったんだろう。
昨日の上昇に対する調整か?
それとも昨日の790円がダマシとなっての下落なのか?

昨日は一日かけて調整するほどの上昇ではなかったし、昨日の動きがダマシだったら今日はもっと下げているはず。

結局、まだトレンドが発生していない、という落ちなのか。
  1. 2002/10/29(火) 15:15:49|
  2. さるさる時代

15:05

ケッ、動かないまま引けてしまったんかい。

(といいながらあと5分残っているからどきどきしている。)
@680
  1. 2002/10/29(火) 15:05:51|
  2. さるさる時代

14:34

ぎゃー!
下にブレイクしやがった。
670円まで。
これは後場の安値。
前場の安値は660円。

うーん。(うなってばっかり)
@680
  1. 2002/10/29(火) 14:34:22|
  2. さるさる時代

14:05

動かん。
でも、今の730円は後場の高値と面なんですよね。

こうやって動かない相場を眺めているのもつらいが、突然動き出して置いてきぼりを食うのはもっとつらい。

走り出せー!

@730
  1. 2002/10/29(火) 14:06:07|
  2. さるさる時代

12:56

なんかパッとせんなあ。
後場寄りから800円台に突っかけてくるかと思っていたんだけど、そこまでの強さはないらしい。
かといって下がるということもない。

結局、ただのヨコヨコだったらお笑いやね。
@710
  1. 2002/10/29(火) 12:56:08|
  2. さるさる時代

10:58

なかなか面白いチャートになってきた。
10時半の書き込みのあと、720円から690円まで下げた場面は、当然そのまま下げ続けて新安値を取らなくてはいけないところだった。
しかし、その動きにはならず逆に740円まで上げた。
750円。

強いんでないかい。
@750
  1. 2002/10/29(火) 10:58:52|
  2. さるさる時代
次のページ

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2002/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI