ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

15:13

けっ、720円だって。

まあ、後場寄りはどうせ簡保か年金が買ったのだろうけど勝手に使わないでね、他人の金を。

お疲れ様でした。
今週も無事に終わりました。

ゆっくりとリフレッシュしてください。

引け720円。
  1. 2002/08/02(金) 15:13:48|
  2. さるさる時代

15:05

安値を取れとは言わないからせめて680円以下で引けさせよう。

700円までは入るが690円が入らない。
700かいが160枚
690かいが160枚。

あと7分。

売れない枚数ではない。一気につぶそう。

うーん、元気がない。
真剣に売りつぶそうという意気込みが感じられない。
710700の繰り返し。
  1. 2002/08/02(金) 15:06:39|
  2. さるさる時代

14:59

710円が入った。
売り方にとっては今日最後のチャンス。

うーーれーー!!!
  1. 2002/08/02(金) 15:00:28|
  2. さるさる時代

14:45

売り方まで同じ轍を踏むのか?

730円までの戻し。
@730
  1. 2002/08/02(金) 14:45:39|
  2. さるさる時代

14:33

だから、長すぎだって。
焦ってはいけないと書いたけれど、いつまでたっても上げなければ売り物も出てくるものやね。
このあたりは書きにくくて雰囲気で理解していただきたいのだが、「時間の調整」と「高値揉み合い」は紙一重であって、ここまでは「時間の調整」、ここからは「高値揉み合い」という線引きはない。

大陽線が立ち、調整に入る。
玉を持っている売り方は、「今度高値を抜いたら損切りしよう。」とマウスを持つ手も汗ばんでいる。
そこで、一気に買い上げなければいけない。
800円をつけることによって「成り行きで買い戻す。」という注文を巻き込めるのだが、いつまでたっても高値を取らないと「こりゃ、高値揉み合いだぞ。上はないかも。」と心理状態が変化してくる。

しかし、せっかく後場寄りにがんばって上げたのだから、もう少し戦略があってよいのではないか。
「誰かが高値を取ってくれるだろうから大口の注文が出たら付いていこう。」
と皆が考えたことによって手が止まったのではないだろうか。

・・・・・・・・・・

上はブレイクすることなく逆に690円まで。

こうなると後場寄りからの上昇で買った玉は、「まだ、持続」とがんばっているだろうし、ちょっと買い方もしんどくなってきた。

朝に書いたが、東京市場、また海外市況も買い玉を持ったまま週を越すのは恐ろしすぎる。
昨日いってきた遊園地で「稲川淳二の『霊屋敷』』というのをやっていたが、買い玉を枕にするほうが怖いと思う。

すると。引けにかけてはポジション調整の売り物が出てくると考えられる。
売り玉は後場寄りからの上げで多くが踏み上げられてしまったと考えられるので、残っているのは700円から790円での買い玉。

この玉を解ける注文の出方いかんによっては、元の木阿弥どころか610円の安値を割ることも考えなければならない。

後場の安値は690円。
また動かず。
売り方はきちんと690円を割ることができるのか。
@700
  1. 2002/08/02(金) 14:33:57|
  2. さるさる時代

13:54

「時間の調整」にしてはちょっと長すぎませんか?
@760
  1. 2002/08/02(金) 13:54:41|
  2. さるさる時代

13:14

790円まで付けて750円60円70円という動き。
これが上昇に対する「時間の調整」であるならば非常に強い動き。

買い方としては、焦って買い上がろうとしないほうが良い。
下手な買い方をすると、「時間の調整」ではなく「高値揉み合い」になってしまうことになる。
@780
  1. 2002/08/02(金) 13:14:32|
  2. さるさる時代

12:49

後場寄りから非常に強い動きとなっている。
750円まで入って窓埋め完了。

なんか急に強くなって対応できていない。
「なんなのですか?」という感じ。

すんごい、770円変わらずまで。
こりゃ、完全に踏み上げられているな。
780円。
790円。
  1. 2002/08/02(金) 12:49:20|
  2. さるさる時代

11:01

完全に止まった。
20分ほど660-640の動き。
670円が入ってきた。
IRを上にブレイクしていることから、非常に短いトレンドは上である。
すると、620-690-640と来て、今は690円をブレイクできるかどうかという「上値を試す動き」になっているということになる。

現在、680円を一枚ずつ二人がお買い上げになっている。
さあ、

・・・と書いていて「動かなくなった・・・?」
と思ったら引けていた。(がくっ)

引けは670円。

後場寄りで700円をつけるのか?
  1. 2002/08/02(金) 11:02:14|
  2. さるさる時代

10:21

買い方は息切れか?
690円をつけることはつけたが、次に670円をつけたあと680円を誰も買わなくなってしまった。
80やり80枚、70かい350枚というところから大口ではなくじわじわと70円が落ちてしまった。
大口がないのに350枚が80枚に負けるというのはあまり記憶にない。

そりゃ、700やりには370枚くらいの売り板が見えていたけれどどうもそれだけが理由とは考えにくい。
よくわからないが、あまり強くないということだけはわかる。

窓埋めもせずにダラダラ下がりに移行してしまうと、買い方としては手の打ちようがなくなってしまう。
650円まで徐々に下げてきているが、盛り返すことができるのか。
@660
  1. 2002/08/02(金) 10:21:55|
  2. さるさる時代

9:57

IRを上にブレイク。
今のところ1ティックだけで680円まで。
680円から上は200枚くらいが並んでいるだけで板は分厚くはない。
どこまでの上昇力があるのかを売り方が様子を見ているような感じ。
@680
  1. 2002/08/02(金) 09:57:12|
  2. さるさる時代

9:49

9:03に670円をつけて35分40分にも670円を付けて揉み合っている。
買い方としてはこの動きの中で「必ず」680円を付けなくてはいけない。

ここでダレルと、よりいっそう上値の重さが強調されてしまう。
IRを上にブレイクしても戻りは知れていると思うが、それでも買わなければならないところに買い方の悲哀を感じる。
@670
  1. 2002/08/02(金) 09:49:57|
  2. さるさる時代

9:42

下げにくくなっているところにタイミングよくNYの「下値の確認」の動きが出た。

寄り付きは650円。670円が高値となり610円まで。
この30分は狭い範囲での動き。
値幅は狭いが売り方、買い方が丁々発止の攻防を繰り広げておりとても面白い。

IRは670-610。
このIRを下にブレイクすると完全に相場が壊れてしまうので買い方としては610円は死守しなければならない。
支持線の630円はブレイクされているので、もう最後の支持線である530円しか残っていない。

テクニカルとは関係がないが、今日は週末でもあるので買い持ちで休みを迎えるのは非常に怖い。
そういう意味では買い方にとって、今日は非常に厳しい日になりそうである。

@660
  1. 2002/08/02(金) 09:42:32|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2002/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI