ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

14:21

700円を割った。

「急落注意」
  1. 2002/07/29(月) 14:22:06|
  2. さるさる時代

14:04

700円まで。
ここまで、ダラダラと下がってきて最後に急落となるのか、はたまた踏ん張ることができるのか。
上昇に対して下げ方がなだらかなだけに売り方も気が抜けない。
今の700円は買い板が薄いにもかかわらず一気に抜いてこない。
こういうときが要注意となる。

売り方もポイントポイントではしっかり売り浴びせないと思わぬしっぺ返しを食らうこともありうる。

ほらほら、こう書いていたら730円が入ってきた。
20円30円が問題なのではなく、どこがポイントでどういう動きをすれば買い方が一番嫌がるのか、どういう動きならば買い方が楽になるのかということを考えて売らないといけない。
何も考えずに、ただ売っていることを「無駄玉」という。

@710
  1. 2002/07/29(月) 14:04:09|
  2. さるさる時代

13:08

後場寄りすぐの安値(760円)を下回ったことによって買い方のギャンブルは失敗に終わったようだ。
730円を割ると駄目押しとなる。

焦る気持ちはわかるけど、ちょっと無理があったみたいやね。
@750
  1. 2002/07/29(月) 13:09:08|
  2. さるさる時代

12:40

後場寄りは売り物どころか買い物から始まった。

まさか15分足で上値を試しに行く動きが出るとは思っていなかった。
790円まで入っているが、ちょっと強引過ぎないか?

うまくいっても850円は大きな抵抗になるだろうし、下手をすれば素直に下げるよりも下げ幅が大きくなる可能性もある。
買い方がギャンブルに出たとすると、だいぶ追い詰められてきたのか。

@800
  1. 2002/07/29(月) 12:40:29|
  2. さるさる時代

10:59

だーかーらぁ、790円を守らないといけないよっていってたのに。

790円を割ってから730円まで下げた。
この下げに対する戻しとして780円まで上げたが、パッとした動きではない。
現在750円。
戻しが弱いことにより後場寄りには大きな売り物が出てくる可能性も。

銀行株もみずほ以外は早々とマイナスになっている。
@770
  1. 2002/07/29(月) 10:59:16|
  2. さるさる時代

10:21

840円まで上げたが頭を叩かれて高値850円を抜けずに800円に。
「頭を叩く」という言い方をしたが、これは何回か書いている「高値の確認」である。
今は800円だが790円を切ると「高値の確認に失敗した。」ということになり攻守逆転となり売り圧力が増すことになる。

買い方としてはここが正念場で790円は死守しなければならない。
790円を守っているうちは新高値の可能性が残っている。
@810
  1. 2002/07/29(月) 10:22:34|
  2. さるさる時代

10:06

850円まで上昇して800円まで下げている。
790円まで。
これは上昇に対する調整である(はず)。
15分足ではまだまだ上昇途中であるが5分足がいっぱいになっているのでそのためだと思う。
調整後に「スッ」と再上昇を開始すると930円ということになる。
抵抗となるべき価格はない。

売り方としては、調整終了だと思って再び上げてきたとき、頭をスコーンと叩いてやると面白い。
地合いが弱いのでそのままヘナヘナとなってしまうことが考えられる。
@810
  1. 2002/07/29(月) 10:06:34|
  2. さるさる時代

9:42

さあ、また今週も始まりました。

710円で寄り付いて650円まで下げたあとで790円まで。
買い方の人は今日上げないと上げるときがないのがわかっていると思う。
先週末はすべての指標がべたべたで底に張り付いてしまった。
今日と明日くらいはしっかりした展開になると思う。

これが60分足での第四波動となっている。
ちなみに第二波動は110円から510円までの400円幅の調整であった。
同値として当てはめてみると530円から930円までの波動となる。

さあ、どうなるか。
820円まで上昇している。
  1. 2002/07/29(月) 09:42:58|
  2. さるさる時代

15:11

530円をつけて650円まで買戻しが入って、下値の確認に行ったが540円で止まった。

「これで今日の安値は530円で決定や。」
と考えて人が買戻しを急いでいる。
600円まで戻した。

しかし、厳密にはこれで下値が決定したのではなく、戻しの高値の650円を抜いてきて初めて「下値が確認された」となる。

この動きが2時過ぎくらいにあればある程度戻して終わったのだろうが遅すぎ。

まあ、もうおしまいです。
また来週考えましょう。

お疲れ様でした。

引けは650円でした。
  1. 2002/07/26(金) 15:11:24|
  2. さるさる時代

14:56

650円はつけたけれども抜けず。
お約束の下値の確認作業。
今のところは570円まで。

しかし、時間がもうないので下値の確認をしてもどうっていうことはない。
安値引けか違うかということだけ。
  1. 2002/07/26(金) 14:57:02|
  2. さるさる時代

14:39

何回目かの買戻しタイム。

530円から630円まで。

前回の買い戻しタイムの戻り高値の650円を抜いたら、買戻しも真剣になってくる。

@640
  1. 2002/07/26(金) 14:39:26|
  2. さるさる時代

14:17

570円を守りきれず。
550円まで。
買い方としては550円の買い物500枚が最後の砦。
これが落ちるとなにもなくなる。

こういうときは一気に「500枚売り」が出てボロボロになるものだが今日は出るのか。
@550
  1. 2002/07/26(金) 14:17:52|
  2. さるさる時代

13:55

570円の安値から650円まで戻して600円。

予定通りの下値の確認作業。
570円を割るか650円を超えるかで今日の運命が決まる。
@600
  1. 2002/07/26(金) 13:55:26|
  2. さるさる時代

13:43

個別銘柄でも「今日の悪者」アドバンテストがやや戻し気味。
指数への関与度が高いだけにこれが戻すと指数は戻す。

しかし、戻しが鈍いと再び売りなおされることになる。

焦点は、買戻しを誘うことができるかどうか。

と書いていたら買戻しが入ってきて640円まで戻した。
アドバンは安値から100円ほど戻している。

@630
  1. 2002/07/26(金) 13:43:19|
  2. さるさる時代

13:30

急落はしていないが、売り板が薄くなってきた。
見えているのは全部100枚以下。

ちょっと変化の兆しか?
今回570円の安値を守りきると「戻し」になるかも。
@580
  1. 2002/07/26(金) 13:30:19|
  2. さるさる時代

13:15

ダラダラ下がり続行中。
安値は570円まで。

ダラダラ下がりの特徴はダラダラ下がること。
というのは説明になっていないが、ほとんど戻しらしい戻しもなく、かといって急落するでもなく10円20円ずつ新安値を取り続ける。

ダラダラ下げていて急落となったのちに反転しやすい。
今は売り物が120枚210枚と並んでいるが、これらが痺れを切らして、
「成り行きで売る!!」
となったら急落して売り物出尽くしとなるからである。
売り板が厚いときには反転しない。
@590
  1. 2002/07/26(金) 13:15:26|
  2. さるさる時代

12:34

後場寄りで2175枚もできた。

大暴落か、売り尽くしで反騰の始まりか。
出来高が多いときにはそういう動きになりやすい。
安値更新は1ティックだけ、630円。

@660
  1. 2002/07/26(金) 12:34:35|
  2. さるさる時代

10:36

690円から750円までの戻しは単なる買戻しだった様子で安値を更新して670円まで。

今後下げるのであればダラダラ下げ。
上げるのであれば早い上昇になると思う。

690から750、そして670という流れだが、買戻しだけにせよ戻しがあった。
その戻しのあと、新安値が20円だけというのは小さすぎる。

これは、昨日書いた「安値の確認」の変形なのだが、
「新値、戻し」ときて新安値を取った。
「アカン、大暴落や!」と誰しもが目をつぶる。
しかし、案に相違してあんまり下がらない。
「なんや、そんなに下がれへんやないか。心配して損した。」
「下がれへんのやったら買っとこか。」
「必死で売ったのに下がれへんないか。危ないな、買戻しとこ。」

となってくる場合がある。

・・・とせっかく書いていたのに660円まで入ってしまった。

・・・今まで書いたことは忘れてください。(笑)

安値650円まで。
ダラダラ下げになってきたということか。

@660
  1. 2002/07/26(金) 10:37:22|
  2. さるさる時代

10:08

今日はじめての反発らしい反発。
690円から750円まで。

これから戻しになるのか、単なる瞬間的な利食いの買戻しだけだったのか。

逆張りって面白いですよね。
実は、8月の500円のコールの50円に買い指値を入れていたのです。
同値までは入ったのですが掛からずです。
本業は順張りですが遊びとなると逆張りになってしまいます。

指値を入れていると、
「もっと下がれ。」
「もうちょい下がれ。」
「よし、同値が入った。誰か50円を売ってくれ。」
買えませんでしたが、買えていれば、
「よしもう下がらんでいい。上がれーー。」
なんて叫んでしまいます。

一般の人の気持ちがわかります。
絶対に逆張り(というよりも「当て物」ですが)は面白い。

@730
  1. 2002/07/26(金) 10:08:53|
  2. さるさる時代

9:42

非常に面白い攻防が続いている。

9:30を回ったが、まだ下落途中であるからIRは決定していないと考える。
800円をつければ、840-750で良いと思うが。

5分足も15分足もいっぱいいっぱいのところまで落ち込んでいるので急激に下げるということはないのではないかと思う。
一旦戻しを入れてからが本番になるのではないか。
できれば、700円くらいで止まって、じわりじわりと800円くらいまで戻して、それからドスンということになれば下げ幅は大きくなるはず。

買い方もあきらめたのか、売り板は薄い。
しかし、ずっと下げてきたあとに「もうどうにデモして。」と買い物が入らないとえてして止まってしまうものである。
720円まで入った。

どうなる。
@720
  1. 2002/07/26(金) 09:42:09|
  2. さるさる時代
前のページ 次のページ

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索

Google

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2002/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI