ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

14:43

550えーーーん。

売り玉が逃げる逃げる。
550円の商いは60枚くらいしかできていないのに350枚くらいあった50ヤリの売り玉は170枚になっている。

これで戻り高値と面合わせです。
これはなんとしても教授に抜きたい。
50かーーい    60円・・1枚だけ。 60円あと2枚追加。
  1. 2002/04/17(水) 14:43:19|
  2. さるさる時代

14:33

530円が入って今日の高値更新。

でも時間的に640円コースは無理みたいですね。
針路変更、560円へ向かえ。やっぱり570円。
  1. 2002/04/17(水) 14:34:02|
  2. さるさる時代

14:10

さあ、あと一時間となりました。
520円に突っかけて押し戻されているところです。

チョット早めに突き抜けて640円まであって560円で引け。
というシナリオはいかがでしょうか。
  1. 2002/04/17(水) 14:13:58|
  2. さるさる時代

13:20

売りでも買いでも同じだが上を見るのを例に取ります。

例えば、重要な抵抗ポイントがありそこから上に抜けると相場が変わるという点があったとします。
当然、分厚い売り板が並んでいます。
520ヤリ  300枚
510ヤリ  300枚
500ヤリ  300枚
(今の板ではありません。)

こういうときに上に抜ける動きというのはどういう売買から生じるのでしょう。

「成り行き1000枚かーーい」

ドラマや小説ではよくありますが、実際にはほとんどありません。

500円を10枚買い、5枚、30枚というように細かく買われます。
全部で100枚買いました。
でも上が厚いと見て470円まで押し戻されます。
売り物も増えて500ヤリは250枚になっています。
また、上昇します。
今度は150枚ほど買って押し戻されます。
500ヤリは150枚になっています。
次の上昇で500円の売り物はみんな食ってしまいました。
10円も80枚ほど食いました。
でも、また押し戻されます。

こうやって小さな上下動を繰り返しながら、何回も挑戦していると今度は売り板が薄くなってくるものです。
520円ヤリが300枚あったものがいつの間にか150枚に減っている。
510円ヤリは40枚しかない。
こうなったときに
100枚買い、100枚買い、200枚買い。と入って530円を付けて、お終いに
「20円で300枚買い。」
と下に分厚い指値が入ったことによって一気に上昇するというパターンが現実的な上昇です。

それが今日見られるかどうかはわかりませんがチャート形状としては、
「大きな上昇後のアセンディングトライアングルの形成」
となっています。
形としては上向きですがどうなりますことやら。
  1. 2002/04/17(水) 13:20:19|
  2. さるさる時代

前引け

動かないよ。

昨日の高値が370円。引けが330円。
今日500円で寄り付いた。

普通、下げるね。
とりあえず窓埋めまでいって、それから
「これからどうしましょうか」
とお伺いを立てるのができた人間。

でも下げない。
どう思います?
  1. 2002/04/17(水) 11:05:19|
  2. さるさる時代

9:16

くー、NYがこんなに上げるとは・・・。
完全に予想外でした。
逆にNYが売られて小安く寄り付いて上昇なんていうことを考えていました。
他の持続中の銘柄にとっては買い気配大いに結構なのですが、
・・・買い気配から寄り付いた今日の3銘柄の運命は如何に。

昨日書いた抵抗線の二番目、440円は抜けてきました。
次は550円。
これが少々手ごわそう。
これを抜ければ足が速くなるのかもしれませんが、まあ、一服するというほうが自然でしょうね。
  1. 2002/04/17(水) 09:18:08|
  2. さるさる時代

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ご連絡はこちらへお願いいたします。 genbey2015 アットマーク gmail.com

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2002/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI