ぶつぶつ---河内屋の相場独り言---ぶつぶつ

材料、再び

今日のニュースと相場の反応は昨日とは逆であった。
NYが小幅とはいえ下げているにもかかわらず、CMEは300円(大阪比+70)
そして大阪の寄付きが340円。CMEよりも高く寄り付いた。
遅くとも大阪の寄り付きの段階で、「あれ、おかしいな。」と感じることが必要になる。
感じた人は対応できただろうし、何も感じなかった人はぼーっと見ているだけになったと思われる。

相場は相変わらずみずほ銀が先導役。
先物と、みずほの日中足が微妙に異なってきている。
先物はダブルトップの形になっているが、みずほは違う。
前場の段階ではみずほのほうが強いチャートになっている。
後場も続伸するためには先導役のみずほが前場の高値を抜いてくる必要がある。
みずほはチャート的には問題はないが、いかんせん売り板が厚い。

高値を取るのであれば後場よりであろう。
さてさてどうなるのか。
  1. 2002/02/27(水) 11:03:28|
  2. さるさる時代

会員メールで、昨日から河内屋が「お勧め」という銘柄には★印を付けることにした。
それで、初日としてはうまく下がって寄付きから見ても6%ほどの利益になっているのだけれど、それは良い。
そうではなくて、その銘柄がこの強い寄り付きにもかかわらず、下に窓を開けて寄り付くのかということに腹が立つ。
素直に寄っていれば10%ほどの利益になっていたのに。

弱いから下窓を開ける、ということは確かにあるのだけれどよりによって★印の最初の銘柄で窓を開けることもないと思う。
寄り付きの窓空けではいつも苦労をさせられるが、たまには
「寄り付き売りの銘柄で高寄りしてストップ安」
ということがあっても良いと思う。
  1. 2002/02/26(火) 15:29:36|
  2. さるさる時代

感性

相場には「材料」が付き物である。

「こういう材料が出たから買い物を集めて上がりました。」
「悪材料に反応して下げた。」

これは結果を見てからの後付の解説であり、新聞を読んでも儲からないのはそこに載っているのはすべてが後付けの解説だからである。

また、材料に反応するのは「普通」のことであり参考にならない。
相場で「普通」のことに「普通」に対応していたのでは、新聞記者と同じである。
「普通」ではないときにチャンスがある。
好材料が出た。しかし、上がらなかった。
悪材料が出た。しかし、すぐに反発した。
こういうときにいつ「おかしいな。」と感じることができるかどうかで投資成績は大きく変わってくる。

昨日、本日ともにNYの上昇という好材料があった。
CMEも上がっていた。
しかし・・・・。
「何かおかしい。」
昨日の前場あたりでそう感じた人は今日の寄り付きで自信を持って売ることができたであろう。
ボーっとしていたらいつまでたっても儲からないものである。

11:24
  1. 2002/02/26(火) 11:25:28|
  2. さるさる時代

みずほ

今日の相場を守ったのは、「みずほ」だった。
最後にはみずほも崩れたのだが、30分早く崩れていれば225はへろへろになっていた。

ポジションでは寄り後の高値で売り銘柄がいくつかストップに引っかかったのが痛い。
ほっておいたら良いようなものだが、そういうシステムだから仕方がない。
  1. 2002/02/25(月) 15:24:58|
  2. さるさる時代

さあ、さあ

いよいよ、正念場を迎えましたな。
先物ベースで言いますと前場の450円を抜いてくるのか?
抜いてこなくて、マイナスで引けるようなことになれば、一文新値だけに私が言ったことが本当になる可能性が高くなってくると思います。

今日の格言
「一文新値は鬼より怖い。」
  1. 2002/02/25(月) 11:54:06|
  2. さるさる時代

朝○生命

生命保険の解約をしました。
あの、朝○生命。

家に来てくれたのが55歳くらいのおじさんなのですが、3時10分、先物が引けると同時に来て、きっちり5時まで話し込んで帰っていきました。
2時間も話を聞いているといろいろなことがわかってきます。
広島の呉で生まれて、大学は日大。今週の月曜に交通事故を起こして参っている。

社長がなになにで会長はなになに。
DKBの支援はこうこうで、マイカルがつぶれたのはどうどう。

日本の生命保険がなぜ駄目なのかがはっきりとわかりました。
アー、疲れた。
  1. 2002/02/22(金) 17:23:09|
  2. さるさる時代

インサイドバー

今日の前場はインサイドバーになっている。

セオリーとしては、高値、安値どちらでも切った方に付くということが考えられる。
また、インサイドバーは基本的にはトレンドの継続を示す。
そういう意味では上を見ているのか。
後場寄りから一時までが大きな意味を持つと考えられる。
  1. 2002/02/22(金) 11:48:56|
  2. さるさる時代

ついに出た。

ついに大陽線が出ました。
買い方はこれを待っていたのでしょう。
私のポジションでは残っている買い銘柄は7銘柄。これら、耐え忍んできた銘柄がどこまで飛ぶことが出来るかということが収益に大きくかかわってきます。

一方、売り銘柄は買い銘柄よりも多くあります。
きんでん、ニッシンのように1月からずっと残っていて収益に大きく貢献してくれている銘柄もありますし、昨日今日売った銘柄もあります。これらはさすがにきついですが、「解けはシステム」ですので機械的にやっていきます。
  1. 2002/02/21(木) 16:47:13|
  2. さるさる時代

完全復活

パソコンのほうは完全に復活しました。
昼休みにメーラーの設定やノートン先生のインスト等と済ませ復活いたしました。

「よっしゃー」といいたいところですが、相場のほうは寄り安の後はヨコヨコからやや上昇というところです。寄り付きの安値を売った銘柄も出てきてやや苦戦。

しかし、上がるのだったら今くらい(12:48)から上がらないとまた引けにかけて弱くなる。
  1. 2002/02/20(水) 12:49:33|
  2. さるさる時代

復旧

昨日は最悪の一日でした。
システムトラブルは仕方がないなぁ。いつかは起きるものなぁ。
と思っていてもバックアップはしていない。
しかし、セーフモードでも立ち上がらなくなった時には冷や汗が出ました。
再インスートルくらいはいくらデモするけれど、データだけは助けたい。

いろいろやっていたら朝になっていました。
会員の皆様への会員メールも朝の5時半くらいにようやく出すことができました。
メルマガは無断欠勤。

どうもすみませんでした。
もう、85%くらいは復旧しました。

そういえば、昨日は売り解けも一銘柄忘れていたのでした。
安寄りしそう・・・・。
  1. 2002/02/20(水) 08:35:26|
  2. さるさる時代

13:36

先物、銀行株の戻りが鈍い。

引けにかけてもう一段売られるよ。
  1. 2002/02/19(火) 13:36:27|
  2. さるさる時代

ゆっくりと

下がりましたね。
私は今朝4銘柄を新規売りしました。(自慢)
でもあんまり下がっていません。(がくっ)

しかし、まだ元の下げトレンドに戻ったと言い切れるわけではありません。
焦って売り玉を立てて自滅しないようにしてください。
焦って玉を建てたり、焦って解けたりすることが損失に結びつきます。

下げトレンドに戻ったのであれば、今後いつ売って儲けることができます。
ゆっくりいきましょう。

私はポジションを入れ替えることによって対応するタイプですので、常に玉を持っています。しかし、そんな私でも一月前に比べると建ち玉数は半分以下です。

簡単なところでチョコッと儲けさててもらって、後は見ているだけというやり方でも年間の利益は十分満足がいくものになります。

焦らずに、ゆっくりと。相場はいつでもやっています。
  1. 2002/02/19(火) 11:56:46|
  2. さるさる時代

思っていたより弱い。

先ほど、分析を完了して会員メール、メールマガジンを配信しました。

個別銘柄を分析してみますと、指数を見ているより「弱い」と思いました。
これまで売り込まれてきた銘柄の中にも改めて売られている銘柄もありますし、
新たに売り転換している銘柄もあります。
特に、薬品、その他金融は反発の殆どなく売られており非常に弱いと感じました。

しかし、前者は調整の日数が少ないと思います。
売っても下がらずにヨコヨコの動きになる可能性が高いと思います。
そこで、新たに売り転換した銘柄を新規売り銘柄にしました。

少なくとも買い銘柄は出ていません。
私のポジションは買い銘柄のほうが多いので上がっても下がっても対応はできますが買い持ちだけの方はご注意くださいませ。
  1. 2002/02/18(月) 21:25:17|
  2. さるさる時代

なんか変に強い

なんか変に強いと思う。

当らない私の予想では、「今日は日経平均で150円ほど下げて、明日は30円安という風に下げ幅が狭まり、その後再上昇」というような動きでした。

後場もこの辺でじっとしていると、
1.明日ドカーンと上げてそこが戻り高値になる。
2.明日も小動きでその後だらだらと下げる。

というような動きが考えられます。
(そう考えてもあまり意味がないのですが・・・)

ひょっとするとこれは、
「ショートトラック寺尾の失格に抗議する、なんでやねん相場」の始まりかもしれません。

まったく意味のない日記でした。失礼しました。
  1. 2002/02/18(月) 11:37:49|
  2. さるさる時代

風林火山

HPに書きましたように相場には四つの局面があります。

・上昇相場
・押し(上昇相場の中での反落)
・下降相場
・戻し(下降相場の中での反発)

これは全体(TOPIX,日経平均等の指数)にも当てはまりますし、
個別株にも当てはまります。

指数・・・上昇  個別・・・上昇
指数・・・上昇  個別・・・押し
から始まり、全部で16種類の局面に分かれます。

一番わかりやすく、また利益を得やすいのは
指数・・・上昇  個別・・・上昇
指数・・・下降  個別・・・下降  の局面です。

指数が上昇相場にあるときに一番強い銘柄を買う。
指数が下降局面にあるときに一番弱い銘柄を売る。

これが一番簡単であり、多くの利益も伴います。
昨年の建設株、銀行株の空売りが多くの利益をもたらしたのを思い出してください。

現在は、どうでしょうか。
指数が戻しの局面です。この局面で一番利益を得やすいのは「上昇局面にある個別株」を買うことです。
私もそのような売買をしています。
しかし、いつ指数が下降相場に戻るのかはわかりません。
指数が下降相場に戻れば、現在上昇相場にある銘柄も影響を受けかねません。
そういう意味において難しい局面です。

今は「攻める」時ではありません。「守る」時です。
攻めるのは上に書いた一番簡単な時だけで十分です。
くれぐれも現在の局面で資金の大半を使うことのないようにお気をつけください。
  1. 2002/02/17(日) 12:20:06|
  2. さるさる時代

会員の皆様

「サルでも儲かる相場教室」の第一回目のメールを発信いたしました。

ご確認ください。
  1. 2002/02/16(土) 17:52:08|
  2. さるさる時代

ご連絡

HPに少しだけ変更を加えました。

・有料会員のページに「会員メール」の見本を追加。

・「会員の方へ」のページを追加
  1. 2002/02/16(土) 13:49:31|
  2. さるさる時代

申告分離課税選択のすすめ

源泉分離課税を選択している皆さん。
申告分離課税にしましょうよ、証券税制が変わるまででも「申告」にしましょう。

なぜでしょうか。
まず、源泉分離を選んだ理由を考えてみましょう。

1.スケベ心があるから。
源泉を選択していることによるメリットは、大きく儲けた時に払い込む税金が少ないことです。
ということは株式投資をする前から、
「よっしゃー、株で楽して大もうけするぞぉぉ・・・。」
と考えているのです。

2.楽をしたい。
「株を買って儲けるのは良いのだけれど収支をノートにつけたり税務署に行ったりする面倒はいや。」
株式投資は経済行為です。
あなたは株式投資をしている会社の社長と同じなのです。
その社長が自分の会社の経理がわかっていなくてどうするのですか。
収支くらいはつけましょうよ、一日5分でしょ。
税務署くらい生きましょうよ。年に一回でしょ。

どんぶり勘定では儲かりません。
きちんと収支をつけて、毎日保有ポジションのチェックをすることは一番の基本です。
申告分離にしておきましょ。
  1. 2002/02/15(金) 15:15:23|
  2. さるさる時代

眠い。

完全に夜型人間になっている。

HPを始める前は朝方人間だった。
引けてから、ポジションを評価して、明日の売買銘柄を出し、10時半とか11時には寝る。
6時半くらいにおきてゆっくりと相場に向かっていた。

しかし、今は引けてから忙しくなる。
ポジションを評価して相場を分析して、会員メールやメールマガジンの原稿を書いて送信し、それから、いただいたご質問や入会希望の方に返事を書いていると日付が変わってしまう。
今日いただいたメールには今日のうちに返事を書きたいし、書き出すとどうしても長くなってしまう。
今日も日付が変わってしまった。
しかし、初心者の方に「教えてください。」などと頼まれると、ついつい長文のメールを書いてしまう河内屋でした。

あのー、正直に言いますと、HPを作ったのは道楽でした。小遣い稼ぎでした。
食うには困っていません。
でも、本当に投資顧問に入会する人や、ダイヤルQ2を聞く人がいるのですね。そんな人はほんの一部だと思っていました。
そんな人たちに「騙され続けました。相場というものを教えてください。」と言われると、
「えらいですけど、いっぺんやってみましょか。」
(河内屋は河内に住んでいます。大阪弁より癖がありますが、極力わかりやすい言葉で書いているつもりです。ちなみに「えらい」は「えっへん、どうだ」の意味ではなく、しんどい、つらいと言う意味です。)
といって長文のメールを書いてしまうのでした。

と書き出すと長くなりますのでもう寝ます。
おやすみなさい。
  1. 2002/02/15(金) 00:30:45|
  2. さるさる時代

あほ丸出し

相場観が当たらない。

この日記に書いてきた私の相場観がことごとく外れている。
あほ丸出しである。   カッコわるいことはなはだしい。

つくづく相場が見えていないのだと思う。
しかし、ポジションは評価益を増やしている。
私の相場観では、
「こんなに上がるわけないやろ。売りや売りや。」
ということになるのだが、買い銘柄ばかり出てくるし、仕方なく買っているのが本当のところ。
安川電機なんて買って3日で三割くらい上がっているのだけれど、なんで?
何もわかっていない。

儲かっているのだから文句はないのだけれど、相場観が外れるのは悔しい。
損していても相場観が当たっている人はかっこいいと思う。

<<私の相場観>>
相場を引っ張ってきた銀行株が前引けではマイナスになっている。
ここら辺で相場も一服だろうと思う。
(当たってほしいような外れてほしいような。)
  1. 2002/02/14(木) 11:26:53|
  2. さるさる時代
次のページ

プロフィール

河内屋源兵衛

Author:河内屋源兵衛

ブログランキング


日経225先物 ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

価格

ニュース

RSS表示パーツ

よく読まれている記事

検索ワード

河内屋流相場の基本

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2002/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログパーツ レンタルCGI